スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

昇進試験がやってきた 

昇給がかかっています!重要!!
もちろん給料が上がるということは、責任も重くなるわけですが。

試験説明がある前から時事問題集を買っちゃったりと、やや先走っているのですが、時事問題集の選び方は難しいですね。
買ったものを開いたあとで、情報の鮮度が大切だよなーと感じました。
少し前に出版されたものだったので、

・民主党が与党になった
・エコポイントの話がない
・消費者庁の話が無い
・エコカー免税の話が無い
・新型インフルの話が流行り始めで止まっている

など、微妙な感じです。
特に政治の話は、ここ一年くらいの動きがものすごく早いので、しっかり扱っている本を読みたいのだけど。
ただ、試験対策という面で捉えると、問題作成側もそのあたりで話を止めている可能性もあるため、どこまで追いかけるべきなのか悩みどころなのですが。

覚えることが膨大にあるので、毎日ちまちま頑張ります!

スポンサーサイト
  • [2009/11/04 23:24]
  • 学び |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(5) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

困り者の県をまたぐ郵便番号「498-0000」 

今のお仕事の中で郵便番号を扱うシーンがあるおかげで、地味に詳しくなってしまった。
日本全国には様々なタイプの郵便番号が割り振られているが、なかでも特に困った郵便番号をご紹介。

複数地域を指す郵便番号は数多くあるのだけど、おそらく一つだけ、県を跨いでいる郵便番号がある。
それは「498-0000」。
日本郵便の郵便番号案内ページでも、でかでかと「三重県」と書きながら、三重県+愛知県が混在している。。。

郵便番号 4980000 の検索結果 - 日本郵便
http://www.post.japanpost.jp/cgi-zip/zipcode.php?zip=4980000&x=0&y=0



愛知県と三重県の県境を指す郵便番号らしいのだけど、ものすごく厄介。
これ一つのために、UIの仕様が複雑怪奇になるケースがあったりして、頭を悩ますのが馬鹿らしくなってくる割り振り方だ。
「498-0000」に対応していないサービスも多いだろうなぁ、と想像しながらも唸る羽目になった。

ちなみに内輪では、郵便番号にちなんで「四苦八苦郵便番号」と呼ぶとか呼ばないとか・・。
  • [2009/07/21 22:23]
  • 学び |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(1) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

2009年も半年が過ぎたので目標を見直し 

さて、今年の初めにどんな目標を立てていただろう。

heavy monologue | 2009年度の目標
http://heavyfeather.blog38.fc2.com/blog-entry-1173.html


一番は、プロダクト志向。
しかし前半を振り返ると、ちゃんとしたアウトプットが出せてないなー。反省。
後半期はちゃんとアウトプットはこれです!といえるだけのモノを作ろう。

ビジネス書をよく読むようにしようと目標を立てながら、そもそも読む量が減っているのがいただけない。
ちゃんと習慣づけて読まねば。

人脈は微妙ではあるけど、少しずつ増やしてるかな?
人脈というより、単純な友達かもしれないけど。友達百人できるかな。
どんなでもいいから、引き続き、よりよい仲間関係を。
  • [2009/07/10 23:59]
  • 学び |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

日本は平和か否か 

日本の平和さ加減は、世界ランクで7位らしい。

Vision of Humanity
http://www.visionofhumanity.org/gpi/results/rankings/2009/


一年前の5位より2つ順位を落としてますね。

評価の内訳もしっかり掲載されていて、特にスコアが低いポイントは2点。
・周囲国との関係
・軍事力

軍隊に関しては、そもそも持っていないため当然なんだけど。
# 防衛の名目で、つぎ込むお金と装備は世界トップレベルですが。

周囲国との関係も、良好とは言いがたいので仕方の無い評価でしょう。
過去の経緯があるとはいえ、今後の政策で中国、韓国、北朝鮮などとの和平がよりいっそう進むことを祈ります。
  • [2009/07/06 12:58]
  • 学び |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

TEDカンファレンスの動画、しかも日本語訳まで! 

英語の勉強もかねて、TEDカンファレンスの動画を見なきゃなーと思い続けて早、数週間。
気は焦るばかりで、なかなか実行ができません。
新型iPhoneも発表され、6月下旬に発売開始とも訊きますし、英語動画で勉強をするためだけにiPhoneに変えようかと、妄想ばかりが広がる有様です。

様々な業界から選出されたスピーカは一流揃いで、内容も先端を行っています。
さらに無料かつ字幕付きで公開されており、かなり出来のよいコンテンツです。
字幕も様々な言語が揃っており、英語字幕、日本語字幕で楽しめます。
英語学習のコンテンツとしてかなり嬉しいですね!


動画の下にあるsubtitleから好みの言語を選ぶと、字幕が表示されます。
最近の動画だと、まだ目的の言語に翻訳されていないものもあったりします。


参考:
TED: Ideas worth spreading
http://www.ted.com/


TED (カンファレンス) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/TED_(%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B9)

  • [2009/06/11 23:32]
  • 学び |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

丸の内 朝大学 

ここ一年くらい、早起きがブームだと言われている。

朝時間を作ることの意図は次のような感じだろう。
  • プライベート時間の確保
  • 仕事を始めるにあたってのコンディション作り
  • 電車が空いており体力を温存できる


そんな中、都心のサラリーマン/OLをターゲットとした、朝大学という取り組みがあるそうだ。
講座ごとに専門の講師がついて、全8回の授業。
場所も丸の内なので、通いやすくてよさそうだ。
3~4万円くらいが主な価格帯なので、やや高めかな?

スキルアップや学びのために、通学という半強制力を取り入れるのは有効そうですね。

丸の内朝大学 [第二期] 出勤前の朝の時間に学ぶ大学開校!
http://www.asa-univ.jp/
  • [2009/06/05 23:33]
  • 学び |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

ルーブル展へ行ってきた 

芸術の秋・・!
ではないけど、上野西洋美術館で開催されている「ルーブル展」へ行ってきました。
20代も半ばを過ぎてくると、文系へ興味がわいてくるので不思議。

時代背景や思想を勉強すると、面白さは何倍にもなりそうですね。
もうちょっと歴史の知識を蓄えたいところです。

あと一週間くらいで終わっちゃうけど、阿修羅展にも行きたいなー。


今回来日しているフェルメールの絵画は数十億円と耳にしました。
しかし、世の中にはもっと高い美術品が沢山あるようで・・・怖い。

2008年度版世界で最も高価な絵画トップ15 - GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20081126_15_most_expensive_paintings/



参考:
ルーブル美術館展
http://www.ntv.co.jp/louvre/


asahi.com : 朝日新聞社 - 国宝 阿修羅展
http://www.asahi.com/ashura/



ルーブル展
ルーブル展 posted by (C)へびー

ルーブル展
ルーブル展 posted by (C)へびー
  • [2009/05/30 22:33]
  • 学び |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

プロフェッショナル 木村俊昭 

先週のNHKプロフェッショナルでは、地域活性化のプロフェッショナル、木村俊昭さんについて扱っていた。
小樽市の職員時代に地域活性化で成果を収め、中央官庁に管理職として引き抜かれた実力の持ち主。
なんといっても、「他人を巻き込む力」と「心に火をつける力」が凄いようだ。

・他人を巻き込む力
・心に火をつける力

同じ目的を共有し、モチベーション高く取り組む力といえる。
初めの段階で自分の信念を伝え、それに基づいた行動を見せる必要がある。
その信念は周りからは馬鹿げている、と考えられることもあるだおるけど、やるかやらないかで差が出る。
アウトプットが出始めると、人は興味を示すものだ。

また目的が状況改善にある場合、目的を共有する人たちがめげており、当人たちからも否定される可能性がある。
状況がマイナスからのスタートなら大いにありえる事態だが、自分が本気で取り組むのなら、時には滑稽に見えることを覚悟して、信念を伝える努力をしよう。


木村俊昭さんは、人を動かすためには対面しないとだめ、という信念の持ち主。
日本国内の役所仕事、という側面からすれば納得できる。
しかし私の周囲を見渡すと、業種・職種からしてもWeb時代でありワールドワイドで活躍する人たちも多い。
IT関連のテクノロジ動向を考えると、さすがにすべて対面を前提にするわけにはいかなそうだ。(空間・時間の制約があるため)
ただ本気で行動に移すなら、どこかの時点で対面する必要がある、というのは共感できるところだし、対面のチャンスがあれば積極活用するべきだろう。

一回りくらいは上の方なので、猿まねではなくて、自分の時代に合った形にアレンジして学びにしよう。


あと、番組の最後の方で「次合ったときに、前回よりも高まった状態じゃないと、相手は次会いたいとは思ってくれない。」というのは、なかなか素敵な言葉。
ただの友達じゃないんだから、そりゃそうですね。


参考:
第118回 木村俊昭(2009年5月19日放送) | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀
http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/090519/index.html



  • [2009/05/24 10:42]
  • 学び |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

はてな珠玉の言葉たち 

よい発言が沢山詰まっていて、身が引き締まる思い。

はてなアルバイト振り返り - satzz online 2.0
http://d.hatena.ne.jp/satzz/20090511/1242052790


自分のわずか数年上の人たちの発言なんだから、恐ろしい。
規模の大きい会社に所属しているせいで、正直まだまだ下っ端感が強く、ぬるま湯状態になれている部分がありそうだ。
少しは威厳をつけなきゃなー。

わずかであっても、スゴ腕の人たちの考え方に触れられるとは、よい時代だ。
  • [2009/05/23 23:50]
  • 学び |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

印象に残っているプロフェッショナルの言葉 

NHKのプロフェッショナルをちょくちょくチェックしていますが、その中で今でも記憶に残っている言葉。

プロフェッショナルとはどんな人か、という問いに対して・・・

コンピューター研究者・石井裕
自分がこの世からいなくなったあと、
その未来の世界にどういうよい影響を与えられるか、
インパクトを残せるか。
そこまで真剣に考えられる人だと思います。


格好よすぎる。後世に継がれる成果を残せるかどうか、まで考えて仕事に取り組むとは素敵な姿勢ですね!

あと、誰の言葉だったか忘れたけど、こんなことを言っている人もいた。
難解な問題を、簡単な問題に変えてしまえる人


大きな組織にいる身としては、なかなか考えさせられる一言。

あとは「自分は凡人だから努力することでしか、高みを目指せない」といったニュアンスの一言も。
自分も周りを見渡すと頭いい人ばかり。
そんな人たちの何倍も努力しないとついていけない世界ですが、目指すべき上の人たちがいるというのは幸せなことですね。


参考:
NHK プロフェッショナル 仕事の流儀
http://www.nhk.or.jp/professional/



プロフェッショナル  仕事の流儀 第III期 BOX [DVD]
NHKエンタープライズ (2007-10-26)
売り上げランキング: 14383

  • [2009/03/15 23:58]
  • 学び |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(2) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

マーケティングに関する学びのメモ 

マーケティング論の紹介があったのでメモを。

  1. 市場とマーケティングは対となるもの。
    一緒くたにして考えてはいけない。

  2. 不の部分、ネガティブ要素を集めよう
    それを解消することが効果的。
    →たぶん、即効性があり、明快で分かりやすい

  3. 日ごろから負の感情をぶつけられることになれないといけない・・!

  4. 人の本音をいかにして集めるか
     本音を引き出すスキル(場の作り方や)
     ご飯をおごったりするのはよくない(おごるとなると、いいことばかり言うため)

  5. 普段から二つのモードを準備しておく
     決裁モード
     ブレストモード


最後の一つはマネジメントやリーダーシップ論にも通じるところがありそうで、面白い気づきに繋がった。
  • [2009/03/13 20:04]
  • 学び |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。