スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

福知山線事故の手記 

http://www.kysd.net/fuku42501.html

体験談だけあってリアルだ。
まだ執筆途中のようだけど、一見の価値あり。
スポンサーサイト
  • [2005/09/30 22:53]
  • 雑記 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

のまネコ問題 

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0509/25/news001.html
つい先日知ったばかりで、こんなことになってるとは・・・面白すぎなんですが。
以前、ミュージックステーションにオゾンが出演していたときには、動きまくってました。w

事件を見守っていたところ・・・結果、9月30日にこうなった。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0509/30/news080.html
avexの発表
http://ecweb1.avexnet.or.jp/sa4web/050930info.htm

avexの発表を見ていると、ものすごい嫌々書きましたという感触を受けるな。^^;
特に、最後の文は必要なのか??と思ってしまう。
オチなんだろうか?
もうちょっと文章に秀でた人に書いてもらえばよかったのになー。
そして、一方の2ちゃんねるサイドの対抗策、のまタコはどうなるんだろうか。
気になる。
あぁ・・・きっと今年の流行語はインスパイアだな。

ソーシャルブックマーク 

http://bb.watch.impress.co.jp/cda/alphageek/9578.html

今年に入り、ソーシャルブックマークサービスが人気を博している。
はてなの伊藤直也さんが、BroadBand Watchで連載している記事でも取り上げている。

特に以下のソーシャルブックマークサービスが賑わっているようだ。
はてなブックマーク
 http://b.hatena.ne.jp/
del.icio.us
 http://del.icio.us/

ネット上で盛り上がっている話題を簡単に知ることができ、ネタ集めには事欠かない。
正直なところ、見出すと止まらなくなっちゃうので、かなり危険。
一方でウォッチャーと呼ばれるような人たちが、情報発信の源となるのは注目すべきなのかもしれない。
気に入ったサイトや記事をブックマークするだけで、それが注目を浴びることになるのだから。

「知り合いの間でだけブックマークを共有する」といった目的で、mixi等のSNSでも導入されるかもしれない。
(濃ゆい)はてなファンの間では、はてなブックマークに登録することを「はブる」と言っているようでソーシャルブックマークの流行を感じさせる。
来年くらいにはIT系な人たちの間では、「はブる」が普通に使われているかも。
とか書いておきつつ、はてなブックマークは使ってないんですけど!

関係ないけど、はてなのトップページがリニューアルされたようですね。
  • [2005/09/29 23:27]
  • 未分類 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

内P終了 

http://www.tv-asahi.co.jp/uchimura/

あぁ、ついに終わってしまいました。
終了つーか、修了?
いや、修めていないので修了もできませぬ。

足かけ5年半だったっけかな、長い間視聴させていただきました。
なんだかんだで、毎週見てた。
毎週録画。野球延長や不意にやってきたスペシャルに備えて23:15~1:00くらいまでは録画してた。
ものすごく残念です。しくしく。

番組終わった後、内P愛好家?な友人と、電話で一時間ほど終了を惜しむトークをしてしました。
今週はテンション低めで過ごしそうです。
いや、職場じゃいつもテンション低いけど。あはは。
# IT系の職場で変に高くてもいやだけど

次のスペシャル放映を楽しみに一ヶ月間を過ごします。
ちなみに放映日は10/23。誕生日。俺の。
どうでもいいですか、そうですか。
それではお休みなさいやし・・・。

・・・ってへこみすぎな印象を与える投稿だな。^^;

ちなみに、「内P終了」でぐぐると、こんな感じ。

バーチャル空間と拷問 

全く別のモノを指してるんだけど。^^;

本当に歩き回れる仮想空間
http://japanese.engadget.com/2005/09/26/virtusphere-interface/

これ一回体感してみたいな~。
見えてるものがバーチャルで、それ以外はリアルってのは、なかなか巧く融合できない気がする。

電子「水滴の拷問」デバイス
http://japanese.engadget.com/2005/09/26/mind-molester/

怖いものを作るな~・・・。
小さい音でも気になっちゃう自分にとっては、かなりの被害を被る武器になりそう。
会社でも意外と周りの音が気になったりする。
集中して仕事しろよって気はするんだけども。
逆に集中してるときは気にならないよなぁ、やっぱり。

どうやら、人よりも少し高い音まで聞こえちゃうらしく、周りは聞こえてないのに自分だけ気になっちゃう場面があったりする。
CRTモニタとか。高周波の音がする・・・。
  • [2005/09/27 00:00]
  • IT関連 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

うわー。mixiおっかねー! 

mixi、旧友に見つかってしまいました。
本名で登録はしていても、漢字ではなくカタカナのヨミで登録してあるので、どうやって検索したのか、激しく謎だったりします。
コエー。

周りにmixiやってる人ってあんまりいなくて、まさかそこから来るか!ってな感想。w

ブログ女王の眞鍋かをりも、一人同窓会なる、ある意味怖い遊びをやっているようで。
まねして、友人の名前で検索しまくるかな。
http://manabekawori.cocolog-nifty.com/blog/2005/09/post_2259.html

ちなみにエゴサーチすると、名前が珍しいせいでトップに出る。
ぐーぐる先生、おっかねーよー。
  • [2005/09/26 00:00]
  • 雑記 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(2) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

確率統計言語モデル 

あぁ、ひげぽんさんのblogから確率統計モデルに夢中になってしまった。
http://d.hatena.ne.jp/higepon/20050912/1126515546

研究の世界は進歩し続けているようで、Conditional Random Fields (CRF) やら maximum entropy Markov models (MEMM) などを言語解析に使う手法は知らなんだー。
いまいちイメージ沸かないので、資料を求めてWebをふらふらしてたら、いつの間にか2時間近く経過してた!
確率統計おっかねー。

しかも未だによくわかんねー。^^;
  • [2005/09/25 02:31]
  • 雑記 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

xyzzy + migemo = インクリメンタルサーチ 

テキストエディタには、専らxyzzyを使っている。
多少の慣れが必要なものの、一旦操作を覚えてしまえば多機能な上、使いやすく、作業効率があがる。
ただ、検索機能だけは、本家のemacsと比べてしょぼいなーと思っていた。
emacsであればインクリメンタルサーチをしてくれるのに、標準状態のxyzzyはしてくれない。

しかし!この不満はmigemoを導入することで、解消できる。
さらに、migemoなのでIMEを起動せずとも、ローマ字で日本語検索ができちゃう。
素敵。

そんなわけで、xyzzyへのmigemo導入メモ

1. migemo.dllとmigemo.lをダウンロード
migemo.dll http://www.kaoriya.net/#CMIGEMO
migemo.l http://www7a.biglobe.ne.jp/~hat/xyzzy/migemo.html

2.xyzzy.exeがあるフォルダにmigemo.dll、site-lispフォルダにmigemo.lをコピー

3.xyzzyからM-x byte-compile-file → migemo.l

4.辞書ファイルセットをdictフォルダにコピー

5.設定ファイル(.xyzzy)ファイルに
(require "migemo") を記述すれば、設定完了。
(migemo-toggle t)あたりも書いておけば、起動時にmigemoが有効になる。

さぁ、C-sで検索をしてみよう。 FEPを使わなくても日本語文章を検索できちゃう、かなり強まったテキストエディタに大変身!
  • [2005/09/22 10:47]
  • IT関連 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

WikipediaとAlt+x 

Webのフリー百科事典として名高いWikipediaだが、ページ内でAlt+xを押下すると、ランダムなページへ飛ぶ。
単純に楽しいし、雑学収集としてもいいかも。

ついでに。
「今日」に関する情報のページを開いてくれる、Bookmarklet。
http://flow.dip.jp/mt/archives/000198.html

Gmail Drive 

ようやくでたー。わーい。
  • [2005/09/20 23:56]
  • IT関連 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

「持ち主が離れると自動的にPCがプロテクト」手間いらずのPC個人認証システム 

http://enterprise.watch.impress.co.jp/cda/security/2005/08/22/5979.html

ありそうで無かったモノだと思う。
# 既出の製品なのかもしれないが

ただ、便利すぎると本人のセキュリティに対する意識が薄れそう。
セキュリティ問題の中には、意識することで防げる問題も多く、特に新しいタイプの攻撃の防御策としては普段からの意識が占めるウェイトは大きいだろう。
この先、技術に頼りすぎることで問題が生じることは大いにありそうだ。
セキュリティを考える上では、はがゆい問題だなぁ。
  • [2005/09/20 23:53]
  • セキュリティ |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

Opera 8.02 が10周年で無料レジストキー配布 → 導入+音声機能を試用してみた 

Operaが10周年ということで、無料でレジストキーを配布していた。
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20086831,00.htm

折角なので、レジストキーを取得して、Operaをインストール。
今更Operaをメインにしようとは思わないけど、音声機能が気になっていたので使ってみることに。
もともと音声認識系の研究をしていた身としては、気になる存在なのだ。

Opera8では音声機能として、音声合成と音声認識の機能を備えている。
これらの機能はオプションなので、[Tools]-[Preferences]-[Voice]から「Enable Voice」をチェックしないと、利用できない。
「Enable Voice」をチェックすると、自動的に音声モジュールをダウンロードしてインストールしてくれる。

各機能の所感は次の通り。
音声合成
いわゆるText to Speech。
今のところ、英語だけしか音声に変換してくれない模様。
Webページ中の英文をドラッグして選択して、「Opera Speech」コマンドを実行すると、英語をしゃべりだす。
思っていたよりも流暢で、驚いた。
# ネイティブから聴くと違和感だらけかも知れないけど
日本語のTTSって、すんごい微妙なんだよなー・・。

音声認識
音声により、Operaを操作することができる。
戻る、進む、リロード、ページの一番上or下、次のリンクテキストの箇所へ移動、など。
いわゆる通常の機能だ。
音声の認識処理自体は軽快に行ってくれるものの、入力の手順が面倒なのが難点。

音声コマンドを利用する手順は以下の通り。
 1. Voiceボタンを押下(音声受付が始まる)
 2. コマンドの前に「Opera」と発声
 3. コマンドを発声

正直、さくさく使うのはムリ。
もう少しUIがよければ使い勝手はよさそうなもんだけど。
今のところは手が不自由な人たち向けかなーと思った。
マウスで操作できる人は、マウスを使ったほうがよっぽど早い。^^;

技術もさることながら、ユーザビリティの重要をかみ締めることになった。
技術力が伸びれば、キーボードやマウスの操作と、音声による操作を同時に行う(組み合わせる)ことで、すばやいオペレーションが実現できそうだな、と思ったりもした。
  • [2005/09/17 00:48]
  • IT関連 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

Unix Magazine 「インターフェースの街角」 

http://pitecan.com/UnixMagazine/

過去の記事データなどを参照できる。
インタフェースの勉強に。

使いやすく便利なインタフェースは、ユーザ獲得のための大きな武器となる。
最近はAjaxなどのリッチインタフェースが流行しているが、技術を効果的に使うヒントになるかもしれない。

こちらと合わせてどうぞ。
U-site (ユーザビリティ総合サイト)
http://www.usability.gr.jp/index.html



  • [2005/09/16 23:47]
  • 未分類 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

分身 

東野圭吾の著書を読むのは4冊目になる。
文章も読みやすく、物語のテンポもよいため、どの作品も短期間で読み終えることができる。

これまで「魔笛」、「深紅」、「リミット」と読んできて、今回読了した「分身」。
正直なところ、4作品の中では見劣りする作品だった。


東野作品は、登場人物の抱える背景と、物語の中で起こる事件のディテールを楽しむものかな、と思っているのだが、本作に関しては先が読めすぎて展開の面白みが薄かった。

さらに、物語の最後がいまいち納得のいかない終わり方。
全体を通して、突拍子もなく物語が始まり、淡々と進んで、これから!って時に終わってしまった印象がある。
主人公に対立する人物についても、あまり触れられず物足りない。

簡単なストーリーであるため、すらすら読めるのは良いのだが、私にとってはもう少し入り組んだ話の方がよかった。

分身
分身
posted with amazlet on 05.12.06
東野 圭吾
集英社 (1996/09)
売り上げランキング: 5,922

続きを読む

PHP Interactive 

http://www.openalexandria.com/index.php?itemid=703

WebベースのPHPお手軽実行環境。
フォームにコードを貼り付けて、POSTしてやればPHPスクリプトの結果が表示されるようだ。お手軽でよさそう。

現在、開発ではRubyをメインで使っているが、手軽にスクリプトの挙動を確かめられるirbには助けられる場面が多い。
コマンドラインなので、お手軽具合はかなり高いのだが、コマンドラインであるがゆえに若干使いづらい部分もある。

Webベースのお手軽実行環境は使ったことがないが、スクリプトの結果がさくさく見られるのであれば、一覧性も高く使いやすいだろう。
そんなわけで、Ruby版も出ないかしらんとほんのり期待。

bloglinesはいかが? 

現在注目を浴びているRSS。
多くの情報の中から、自分にとって必要な情報を素早く抽出するための優れた仕組みといえる。

RSSリーダも多数出回っており、どれを使うか悩ましい。
FireFoxThunderbird、さらにそれらのextensionを使うのもありだろうし、glucoseのような単独アプリケーションを使うのもありだ。
(glucoseはgooでもRSSリーダとして公開されている)

自分はどうなのかといえば、以前まではFirefoxのextension「sage」を使っていた。 http://sage.mozdev.org/
Firefoxのextensionなだけあって、ブラウザの機能の一部として手軽に使える点が優れている。
ただ、自宅、会社、学校の三箇所でWebサーフィンを行う自分にとって、登録しているRSSフィードや既読情報が同期できない点が大いに不満だった。

それを解決してくれたのが、Bloglines。
オンラインで使えるRSSリーダだ。 http://www.bloglines.com/

最も大きな利点はどこからアクセスするかに関わらず、RSSフィードと既読情報の同期が自然にとれる点に尽きる。
スタンドアローンのRSSリーダに比べると使い勝手は落ちるかもしれない。
特に即応性に関しては。
しかし、欲しい情報の詳細は実際のサイトを訪れて収集することが多く、結局はWebアクセスの待ち時間が生じる。
さらに、一日数回程度しかアクセスしてしないためため、少しくらいの待ち時間は気にならない。
正直なところ、オンラインサービスは反応が鈍そうだなーと敬遠していたが、まさに住めば都。
私にとっては、すでに手放せないサービスになってしまった。

# 他のオンラインのRSSリーダとしては、はてなRSSMyYahoo内のRSSリーダ機能がある。
# はてなRSSが気になってたり

# おまけ
# RSSリーダのシェア http://blog.myrss.jp/archives/2005/09/rss_20058.html
  • [2005/09/10 07:34]
  • IT関連 |
  • トラックバック(1) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

Thunderbird バグ・・・仕様? 

フィルタ名が全角文字だとフィルタのON/OFFが出来なかったのか!
しばらく気づかずにハマってしまった・・・。;;
※1.06日本語版で確認
  • [2005/09/09 23:33]
  • IT関連 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

小ネタネタネタ 

昨日~今日のエントリにかけて、小ネタを連発してみた。
そういや、今日同期から教えてもらった
http://d.hatena.ne.jp/hatenadiary/20050906
の、各キーワードはウケタ。
現代用語として認定しちゃっていいのか!?と疑いたくなるようなのも入ってるんですけど。w

さて、なんの脈絡もなく。
ここのところ、筋トレをちょこちょこしている。
無駄な脂肪を絞れたら最高と思ってるんだけど、筋トレじゃ望み薄。
「筋トレ+アミノバイタル」でマッスル大作戦DA!
しかし、脂肪そのままで筋肉ついちゃうと体重が大変なことになるなぁ。;;
  • [2005/09/08 01:15]
  • 雑記 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(2) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

iNTERNET 

http://internet.impress.co.jp/rim/backnumber.php

発売後、3年以上経過した号が読める。無料。
懐かしく読めるのと同時に、現在の技術基盤となっているものを扱った記事もあり参考になりそう。
三年以上前の記事だと、少し前の技術は無いかもしれない。
昔はどうだったっけとか、昔だと特集やってそうだな、というように使えるかもしれない。

インターネットをダウンロード 

http://www.w3schools.com/downloadwww.htm
ウケタ。インターネットをダウンロードしようとすると、4381年かかるらしい。w
ただ、これは古い情報なので、今はさらに増えてると思う。
とはいえ、インフラの能力も高まっているからなぁ。
ちょっと気になる。
  • [2005/09/08 00:00]
  • 未分類 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

隠れたウィンドウにD&D 

http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/594ddaltab/ddaltab.html
今まで知らなかった・・・。orz 今思うと、マウスとキーボードを同時に使う操作って苦手かも。
あ、いや、しかし。ネットゲーやってた身としては、同時に使ってたんだな。 Windowsのオペレーションでは思いつかない、といった方が正しいのか。
  • [2005/09/07 22:37]
  • IT関連 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

Wikipediaのデータを活用する 

http://download.wikimedia.org/
Wikipediaのデータってダウンロードできたのか。
知らなかった。
知識データベースとして活用できる場面がありそう。
  • [2005/09/07 00:00]
  • IT関連 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

バイリンガルなワーム 

http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000050480,20086642,00.htm
賢いワームが登場。
複数の言語を操るらしいですよ。
賢くなるにつれ、人を騙すための手口を多く備えていく。
この先、ソーシャルエンジニアリングの手法も取り入れていくのかなーと思ったり。

最近のオンライン詐欺は、個人に特化した攻撃が多くなっているため、パーソナル情報に沿って攻撃をする強力なワームがどんどん出てきそう。
インターネットを使う場合に、セキュリティの知識は必須、といった世の中が来るかもしれない。
# 技術だけで解決できればいいんだけどね・・

原発情報漏洩しまくり 

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/07/22/8522.html
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0508/30/news065.html
なんか違う・・・。w

Winnyを使うな、と決めたほうがよいと思うが。
P2P技術に非はあまり無いと思うが、少なくとも著作権侵害の対策が施されていないwinny。
著作権侵害の温床となっているのが現状で、それを目的とした利用者がほとんどだろう。
もうこの辺はモラルの問題だとは思えども。

無形物だと犯罪の意識って希薄になる傾向があるみたいですな。
しかし、業務マシンでwinnyっていいご身分だなぁ。
公務員最高?

xyzzy + TeX + KaTeX 

レポートを久しぶりにTeXで書くかーと一念発起。
環境が無かったので、xyzzy用に環境を整えました。
ショートカットでさくさくいけるのは便利でいいんだけど、肝心のTeXの命令書式を忘れていてえらい時間がかかってしまうのであった。^^;

以下、環境の導入手順。
まず、肝心のTeXのコンパイルと表示環境を導入。

1.TeXインストーラ3をダウンロード
http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~abenori/mycreate/index.html
W32TeX、dviout、GhostScript、GSViewを一度にインストールしてくれるので、とても便利。
詳しくはreadme.txtを参照。

2. 環境変数を変更
インストール後、そのままではdvioutにパスが通っていなかったので、追加。
[マイコンピュータ]のプロパティ→[詳細設定]-[環境変数]にある、Pathの最後にdvioutをインストールしたディレクトリのパスを追加。
次に、xyzzy側の設定。

3. .xyzzyへ、KaTeX用の設定を追記
;;kaTeX Setting
(push "d:/Programs/xyzzy/site-lisp/katex" *load-path*)
(require "elisp")
(push '("\\.tex$" . elisp::katex-mode) *auto-mode-alist*)
(autoload 'elisp::katex-mode "katex" t)
;;PATH for TeX Compiler (default is jlatex)  
(setq elisp::tex-command "platex -src")
;;PATH for dviout
(setq elisp::dvi2-command "c:/path/to/dviout")
; M-x katex-mode
(defun katex-mode()
  (interactive) (elisp::katex-mode))

# はじめsetqのelisp::の記述がないと動かなかった・・

これでとりあえずは使えるはず。
 C-c t j :コンパイル
 C-c t p :dvioutによるプレビュー

TeXの命令も補完してくれるんだけど、いまいち使いこなせていない。;;
まだ触り初めなので、スピーディな編集もできていないし、もう少し使い込まないと、ありがたみが分からないかもしらん。^^;
まずは、TeX環境整えて、PDF出力は出来るようになったのでよしということに。
# PDFはdvioutからやっている




ベスト電器、1000円分のお詫び 

これまた、だいぶ古い話だけど。発掘発掘。 http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/07/11/8358.html 記事内で、丸紅ダイレクトが誤表記の価格でPCを売ってしまい、物議をかもし出した点に触れていたが、今回のも十分問題あるような。 以前ヤフーBBが個人情報漏洩事件を起こしたときは500円だったことを考えると、今回は個人情報よりも高いお詫びになったとも言える。 # 個人情報漏洩に関してはもっと高額の支払いが多いけど 価格入力の際に、原価を割ってるとか、桁が違うとかでアラートがでる仕組みにしておけばいいのになぁ。 直接関係ないけど、現在通っている大学で「プレゼンテーション技法」なる講義がある。受講している人に話を聞いたところ、最後にはセキュリティ事故(だけに限らないかも)を起こした場合のマスコミ対応の仕方、までやるらしい。wちょっと笑ってしまった。

Yahoo! Musicで「SOUND STATION」開始 

# 書いた後でほったらかしになってて、ちょいと古くなっちゃったけど。^^;

Yahoo!ミュージックサウンドステーション
http://station.music.yahoo.co.jp/

CNET「ヤフー、ネットラジオ型の無料音楽配信サービスを開始」
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20086527,00.htm


最近、iTMS(iTunes Music Store)やPod Castingなどのサービスを背景に、音楽配信サービスに注目が集まっている。
iTunesは音楽ファイル管理によいと耳にするが、iPodユーザではない私にとっては魅力をあまり感じることが出来ず、音楽ファイルはWindows標準のエクスプローラで地味に管理している。
iTMSを利用する場合にも必要なので、一度は使ってみようと思ってるんだけど・・。
・・・関係ない方向にいってしまった。

お題の「SOUND STATION」を使ってみた。
タダで楽曲をフルで聴ける代わりに、初めと5曲ごとに広告が入りますというサービス。
ぱっと聞いた感じ、音質は低いにしてもラジオ程度は出ているし、BGMとして部屋に流しておくにはよいかも。
ADSLで遅延無く楽しむことができた。

曲がどの程度揃っているのかは大いに気になる点だが、邦楽については充実しているとは言いがたい。
今後、多くのレコード会社が参入することを期待したい。
ただし、現状でも鈴木亜美や山崎まさよし、クレイジーケンバンドなどお馴染みのアーティストの名が連なっており、楽しめるコンテンツはすでにあると感じた。

操作に関しては、再生と一時停止しかできないため、「この曲は飛ばす」といった操作は不可能。
無料サービスであるが故の不便さだと割り切ってしまえばよいのだろうが、不便さを少し感じてしまう。
音楽を流しっぱなしにしておくには問題がないため、まさしくBGMに適したサービスと言えるのかもしれない。
  • [2005/09/01 00:31]
  • 未分類 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。