スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

ロマンティックあげるよ 

しょこたんバージョンのドランゴンボールエンディング曲。
普通に上手い・・・そしてドランゴンボールのDVDボックスほしくなってくる。w

YouTube - ロマンティックあげるよ
http://www.youtube.com/watch?v=c65yvseYIqY
スポンサーサイト
  • [2007/04/30 07:02]
  • 雑記 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

HDDが動作している最中の中身 

直接見ると、なんだかイメージ通りの動きで面白みが少ない?w

YouTube - Inside of Hard Drive
http://www.youtube.com/watch?v=9eMWG3fwiEU
  • [2007/04/29 11:47]
  • IT関連 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

イギリスHONDAのCM 

センス良いな。

iPod向けにダウンロードできるようにもなっているそうで。
コンテンツを自分のものにしたい欲求を満たすであるとか、口コミをねらっていたりとか。
アプローチが次世代な感じ。

参考はYouTubeの動画。
YouTube - 2006 Honda Civic Choir UK
http://www.youtube.com/watch?v=igGuMfFGuj0&eurl=http%3A%2F%2Fohnishi%2Elivedoor%2Ebiz%2Farchives%2F50237613%2Ehtml
  • [2007/04/28 12:48]
  • 雑記 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

web2.0を遙かに凌駕してる 

これまたセンスのいいCM。
プリントする場面がステキ。

バイラルマーケティングの為には、何よりもまず質ありきだよなー。

YouTube - Web 2.0 - thefirstpost.co.uk
http://www.youtube.com/watch?v=topeBoB-ApQ

  • [2007/04/27 00:30]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

Thunderbird 2 がリリース 

Thunderbird 2 がリリースされたようです。
早速使っていますが、今のところ新しい機能からの恩恵は受けていない・・・というか使っていないだけか。

閲覧履歴を辿れるのは嬉しいかも・・・と思っていましたが、いまのところ使う場面はありません。
たぶん、膨大なメールを処理する必要のある人だと、恩恵があるのかもしれない。

あと、タグが増やせるのも嬉しいと思っていましたが、従来からあったもので事足りている状態で、ToDoと重要タグだけ使ってます・・。
うーむ。

一番の変化は見た目がすっきりしたってことだろうか。w


参考:
Mozilla Japan - Thunderbird
http://www.mozilla-japan.org/products/thunderbird/
  • [2007/04/26 08:31]
  • IT関連 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

最近のセキュリティ事情 

面白いなぁと思った二つを紹介。

●埋め込まれたパーツをクリックさせる

外部からAPIを呼んで、ブログなどに直接パーツを埋め込めるサービスが増えている。
例えば、YouTubeの動画を埋め込んでいるように見せかけてクリックさせる、といった手法はひっかかる人が多いかもしれない。

ソーシャルブックマークユーザーのIDとPASSをいとも簡単に抜き取る手口*ホームページを作る人のネタ帳
http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-95.html



●Unicodeを使った拡張子偽造
UnicodeのRLOを使った拡張子偽造。これ流行るかしら。
RLOはアラビア語のような右からの読みに対応するためのコードで、例えば“test[RLO]txt.exe”は、“testexe.txt”のように見えるという話。
アイコンもテキスト用のアイコンを実行ファイルに仕込んでおけば、思わずダブルクリックしてしまうユーザは多いはず。

RLOの実験 | Okumura's Blog
http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/blog/node/1415


それ Unicode で
http://openmya.hacker.jp/hasegawa/public/20061209/momiji.html

修了式へ行ってきた 

# 一ヶ月前の話になっちゃったけど・・・。orz

3/24は修了式でした。
学生、登壇者全員がガウンをはおり、角帽をかぶって式に挑みます。
角帽をかぶるのは初めてで、あんなに不安定なものだとは知らず。
えっちらおっちら歩きつつも、なんとか修了証書を頂くことができました。
ついでに成績優秀賞なるものまで頂けて、よかったよかった。
表彰状は盾つきですよ。><

式の終わりには帽子を空に向かって放り投げるイベントまで。
修士課程でやるもんなのかとか、防衛大だけじゃないのとか思っていた私には微妙な儀式。
一期生がやっちゃったもんだから、我々二期生も続けようという意図があったらしい・・・。

修了式のあとの二次会は、みなとみらいのベイエリアにあるホテルにて貸切パーティ。
いつもクールな業務のお姉さまがチャイナドレスでやってきたりと、ハプニングありで面白かったです。
修了式で賞を貰った人は恩師への花束贈呈係と、一言スピーチをしろという話だったので、ちょこっと喋らせてもらったり。
今くらいの年齢になってから表彰されるとか、偉い人たちの前でスピーチとか、馴れていなくて一杯一杯でした。orz

その後の三次会は船上パーティ。
当日は風が強くて、デッキで乾杯とはいかなかったのだけど、豪華(?)客船の一室を借り切ってのパーティはなかなかセレブな時間でした。
もちろん、その分の諭吉さんはどこかへ行ってしまいましたが。
ナイトクルーズはデートによさそうだね、っていう意見が合致をみたのが面白かった。w

そのあともちょろっと呑みに参加したりと、なかなか楽しい一日でした。
卒業してしまった今となっては、顔をあわせる機会は少なくなりそうですが、何かの折には気兼ねなく相談できる仲でい続けたいな~。


参考:
※使ったクルーズは、確かコレ
ロイヤルウイング オフィシャルサイト
http://www.royalwing.co.jp/
  • [2007/04/24 08:43]
  • 雑記 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(2) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

小樽の公売 

ウケタ

小樽道税インターネット公売のお知らせ(小樽道税事務所)
http://www.shiribeshi.pref.hokkaido.lg.jp/ds/dzc/otaunetauction

スケジュールとタスク管理ががが・・ 

ここのところ、違う会社へ出向いての作業も増えてきて、タスクとスケジュールの管理が大変です。
本来のオフィスと出先のオフィスの両方でサイボウズが可動していて、頻繁にシンクしてやらないと、勝手に予定が入ってバッティングとか・・・。
(それぞれのオフィスにおけるチーム単位でスケジュール共有しているので)
2つのサイボウズ間で簡単にシンクさせる手段はないようなので、ちまちまと手作業で入力。orz
デスクトップアプリケーションのスケジューラにも反映しなきゃ、なんて苦悩もあったり。
一日どれだけの時間をスケジューリングに使ってるんだよ、って話です。

あと、タスク管理には紙を利用することが多かったりします。
タスクをぐりぐりと消せること、アナログ媒体の即時性あたりの強みが自分にマッチしているので。
で、これには常に持ち歩いている手帳を使っているわけではないので、ここでも問題発生。
違うオフィスで全体のタスクが把握できない状況が発生したり。
フリースペースの多い手帳を購入しようかな、と考えております。

以上、打合せや作業を外で行う必要が増えてきたことによる問題なのでした。
今思うと、営業さんに聞けばいいノウハウ持ってそうだな~。


参考:
ほぼ日刊イトイ新聞 - ほぼ日手帳2007 SPRING
http://www.1101.com/store/techo/



  • [2007/04/20 08:56]
  • 雑記 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

同期送別会 

4月から近しい同期2人が大きな異動ということで、送別会をやってきました。
退職金の話とか、海外の話に始まり、最近なにやってるの、とか。
元々は同じ部署だったけど、4年目にもなると結構バラバラになっているもので、たまには近況を話し合う場があると嬉しいですね。
あと、結婚祝いを結婚して半年後にようやく渡せた。w

しかし、コースを平らげたあと、さらに天下一品へ行ってセットを食べるとかありえなかった。><

Twitterが流行っているらしい 

最近、Geek達の間で流行っているらしい「Twitter」。
ほとんど使っていないので詳しくは把握していないのだけど、IMソフトでいう自分の状態を垂れ流せるWebサービスといったところか。
他の人にメッセージを送れたり(これも公開される?)もするようで。
専用プロトコルではなくて、こなれたWebインターフェースとAPIを公開しているのがミソなのかな。

目指しているところって、携帯電話にのってるIMソフトのように思えるのだけど、感覚は違うのだろうか。

今のところ面白さは理解できていないけど、周りに使っている仲間が多ければ面白いのかもしれない。
このへんSkypeをヘビーに使うか否かに近いような。
状態を常に把握できるっていうのは、むしろ、恋人や家族向けサービスじゃないかしら。

近いうちに、日本人向けに日本語サービスが出てくると思う。w

参考:
Twitter: What are you doing?
http://twitter.com/

  • [2007/04/18 08:36]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

ゴールデンウィークは・・ 

メーデーのおかげで、有休を一日使うと九連休なのね。
昨日まで気づいてなった。
そして当然、九連休。
  • [2007/04/17 20:00]
  • 雑記 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

マピオンの広告が変わりました 

4/9より、マピオンの広告が変わりました。
例えば、地図の左にあるメニューから「グルメスポット」を選択すると、雰囲気がつかめます。
縮尺によって、アイコン表示の仕方が若干違ったりもします。

宴会の場所探し等に利用して頂けると幸いです。

以上、お仕事の宣伝でした。(それかよ)

地図情報検索サイト:Mapion(マピオン)
http://www.mapion.co.jp/

  • [2007/04/16 18:40]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(2) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

イカサマ師 

ニコニコ登録している方はどうぞ。
恐ろしい・・・。

ニコニコ動画(γ) | 元凄腕イカサマ師がカードテクを公開
http://www.nicovideo.jp/watch/1176133153

[読書]ブログ炎上 

# 「本が好き!」からの初献本、初書評。

伊地知晋一著。
2007年3月15日出版。

「Web2.0時代のリスクとチャンス」というサブタイトルは、まさに今の時代を表している。
Web2.0をテーマにしたニュースでは成功例を扱う場合が多いが、その特徴としてよくいわれる“双方向のコミュニケーション”にはリスクが潜んでいることも認識しておく必要がある。
ブログやwikiサービスが整備され、個人が容易に情報発信を行えるようになっているが、利便性ばかりがアピールされ、そこに潜むリスクが取り沙汰されることは少ない。
そんな闇の部分の一端である“炎上”を紹介する本として、よく出来た本だと思う。

ブログに非難コメントが殺到し、荒れに荒れる事態を炎上というわけだが、本著で扱っている事例には知っているものが多かった。
しかし多くの事例を扱っているため、読みながら各事例について考察できるのが嬉しいところだ。
炎上にも特徴があって、著名人のブログが炎上するのは世論と逆を言った発言をした場合が多い。
逆に一般の個人ブログが炎上するのは「誰でも見られる」という意識が希薄で、不用意な発言を行った場合である。
私のブログのような零細ブログの書き手は、炎上を気にしながらブログを書くことをしないのが普通だろうけど、誰が見ているか分からないという意識を持つことは必要だろう。

そんなわけで、ウェブリテラシを身につけるための一冊としてオススメといえる。


ところで、著者の伊地知氏は元ライブドアの事業部長で、ポータルサイトとしてのライブドア立ち上げに大きく寄与した人物である。
現在はゼロスタートコミュニケーションズ株式会社の専務を務めているようだ。
その会社が手掛けている事業の中の一つに「posh me!」がある。
アイドルやアーティストとしてデビューを目指す人と、それを応援する人たちが集まり、コミュニケーションを図る場になっているようだ。
インターネット上における、双方向のコミュニケーションを考察し続けている伊地知氏らしいサービスと言えよう。


参考:
posh me! - TOP
http://poshme.jp/


あなたの書評からヒットが生まれる - 本が好き!(β)
http://www.buzz-pr.com/book/menu/




ブログ炎上 ~Web2.0時代のリスクとチャンス
Amazonで購入
livedoor BOOKS
書評/IT・Web


  • [2007/04/13 08:45]
  • 書評 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(1) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

クレヨンしんちゃんの13年後 

見たの二回目くらいだけど、やっぱり感動してしまう・・。;;

クレヨンしんちゃんの13年後
http://www.geocities.jp/jwnbf437/sintyan.html
  • [2007/04/12 21:55]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(2) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

Googleの新たな待遇制度TSO(Transferable Stock Options) 

※古い話題だけど

ベンチャー企業が採用する制度としてのイメージが強い、ストックオプション制度。
今ではベンチャーだけが採用している訳では無いのだろうけど、私の中ではそんな印象が強い。
日本では、昨年の会社法改正にともなってストックオプションが費用化が義務付けられたとか、ややこしい話もあるのですが。
よく知らないので、その辺りの話には触れない。^^;

さて、ストックオプション制度とは、簡単には以下のようなもの。(括弧内は例)
・オプションの権利を得た時点の株価(10万円)で、将来株を取得できる
・会社が成長を遂げ、株価が高くなった時点(100万円)で権利を行使する
・権利を得た時点での株価と、高くなった時点の株価の差益(90万円)が得られる
(複数株の権利があれば、先の例で100株の権利があれば9000千万円である)

これがハマると巨万の富を得られるというわけで、社員のモチベーションを上げることができると。
例えば、先日Googleに買収されたYouTube。
創業者の二人はそれぞれ400億円程度の資産を得たわけだけど、それ以外にも受付嬢が1億5千万円を得るなど、強烈な買収劇だった。
# この買収では、株式交換だったので上記例とは少し異なるけど、一株あたりの価値が上がっているという点では同じ。


長々ときたけど、書きたいことはストックオプションのことじゃなくて。^^;

Googleが従来のストックオプション以上の価値をつけようという制度を導入しましたよ、というお話。
確定したストックオプションをオークションで売買できる、TSO(Transferable Stock Options)という制度だ。
CNETの記事から引用すると・・

その仕組みはこうだ。ある従業員のオプションが確定すると、この従業員は私設オークションで入札者を探すことができる。仮にある金融機関が同従業員に1株当たり150ドルを提示したとする。そして同従業員の行使価格が400ドルで、その時の市場取引価格が500ドルだとすると、同従業員はオークションを使うことで、通常の株式市場で売却するよりも1株当たり50ドル多くの利益を手にすることができる。

というわけで、ストックオプション制度にさらなる魅力を付与します、という制度なんだろう。
権利行使ではなくて、ストックオプションの権利そのものを売買することで利益が得られる点が新しい点だろうか。
TSOが成功するか否かは、オークションへの参加人数がどの程度の規模なのかという点にかかっていると思うのだけど、その辺りは不明。


日本でも新卒採用を始めるなど、人材確保に力を入れているGoogle。
TSOは、その力の入れようが感じられる制度だと思います。


参考:
Official Google Blog: About Transferable Stock Options
http://googleblog.blogspot.com/2006/12/about-transferable-stock-options.html


グーグル、オークションを導入したストックオプションプログラムを発表 - CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20338659,00.htm


Life is beautiful: GoogleがYouTube買収の詳細を発表。受付嬢が1億5千万円って…
http://satoshi.blogs.com/life/2007/02/googleyoutube.html

  • [2007/04/11 08:46]
  • money |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(1) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

2007年3月に読んだ本 

月4冊程度と、年間目標70冊からはほど遠いペースで読み進めております。orz
3月末時点のトータルは13冊・・・。

桜もほぼ散ってしまった今頃になってスギ花粉もほぼ無くなり、ようやく過ごしやすい季節がやってきました。
薬による眠気もなくなりますし、何か目標を決めて取り組むものを探さねば!

  1. 朽ちる散る落ちる
    http://heavyfeather.blog38.fc2.com/blog-entry-680.html

  2. 半落ち
    http://heavyfeather.blog38.fc2.com/blog-entry-684.html

  3. アルジャーノンに花束を
    http://heavyfeather.blog38.fc2.com/blog-entry-706.html

  4. 黒い家
    http://heavyfeather.blog38.fc2.com/blog-entry-713.html


  • [2007/04/10 08:26]
  • 書評 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

言語の壁を攻略する 

中学から英語を習っているはずなのに効果が見受けられない自分にとって、英語を使うことは大変な労力を要する。
ドラえもんの翻訳こんにゃくが欲しいと心から思うタイプの人間である。
そんな私が英文を読むとき、どのような行動を取るかといえば・・
  • 分からない単語は辞書を引く。(今はFireDictionaryに頼っているので、辞書を“呼び出す”だろうか)
  • 単体の文ではいまいち分からない場合は、前後の文脈から推測。

単語の意味と、前後の文脈があれば大抵OK、ということだ。

世の中を見渡せば、便利な翻訳サービスもたくさんあるのだけど、翻訳精度にイマイチ信頼がおけない点と、学習する意識が希薄になってしまう点が問題だと感じてしまう。
そんなわけで辞書と推測で乗り切ろうとするのだ。

しかし、こんな行動・意識はオールドタイプらしい。
詳しくは参考リンクにある、「シリコンバレーからの手紙」を読んで欲しいのだけど、今の若い人たちは翻訳サービスからの出力が拙いことを承知した上で利活用する。
拙い出力であっても、後処理を他のサービスや人手でカバーし、積極的にコミュニケーションを図るのだ。
このような翻訳サービスへの適応は、新たな言語習得の形へと移行するのかもしれない。

最近は今の若い世代がどのような教育を受けて育っていて、10年後、20年後はどんな世の中になっているのかなぁと考えるのが楽しい。(おやじくさい)
自分が今使いこなしていると思っていても、そのくらいじゃ○○デバイドとか呼ばれちゃうのかも。すでに携帯デバイドだし。
Web2.0の真髄は教育方面への影響にもあるんじゃないかと、最近は思いはじめている。


参考:
web kikaku
http://www.shinchosha.co.jp/foresight/web_kikaku/u122.html


三上のブログ - 言語の壁を飛び越える15才
http://d.hatena.ne.jp/elmikamino/20061001/1159680602


ITmedia News:Googleは機械翻訳を変革する
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0703/29/news043.html

  • [2007/04/09 08:36]
  • Web |
  • トラックバック(1) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

新人さん研修に行ってました 

自分が研修を受けるわけではなく。
4年目社員として、お世話をする役目を仰せつかったため参加。お兄さん役。

研修内容は社外秘なので書けませんが、すごく面白かったです。
なんというか新鮮さを目の当たりにして自分の気分もリフレッシュ。
パワーを貰って帰りました。

終電逃す勢いで打ち上げてしまって、身体的にはかなりしんどいですが。まだ酒が残ってるよ。><

行く前は不安があったり、面倒だなーと思ってしまう部分があったのですが、終わってみると自分もかなり勉強ができましたし、人脈も広がったしで、いいことづくめ!
すごく楽しかったです。新人のみなさん、どうもありがとう!
  • [2007/04/06 08:30]
  • 雑記 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(2) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

ドラゴンボールオンライン 

やばい、やってみたい・・・。
ドラゴンボールは名作過ぎると思います。


参考
バンダイナムコゲームス、「ドラゴンボールオンライン」を正式発表
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20070320/dbonline.htm
  • [2007/04/05 08:21]
  • ゲーム |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

[読書]半落ち 

横山秀夫著。
2002年に出版され、直木賞候補になった著作である。

物語は、妻を扼殺したという警察官の自首に始まる。
普段の行動からは考えられないと首を捻る同僚達。
さらに、殺害から自首に至るまでの間に、空白の時間があることが分かる。
自首はしたものの、その空白時間の行動については口を開かない容疑者。

空白時間の謎を追いかける人々の視点で物語が紡がれる。
警察と検察、裁判官、弁護士など多様な立場の視点であり、その流れは事件を扱う当事者を扱ったものでもあるため、時系列を把握する助けにもなっている。
物語は予想しやすい展開が多いのだけど、謎解きの連続のような運びが巧く、ぐいぐいと引き込まれる。

横山秀夫氏は元々、警察方面を取材する記者さんだったそうだ。
そんな経緯もあってか、司法機関や警察機関の描写が細かくて面白い。
文中に業界用語がふんだんに盛り込まれておりリアルさが増している。
盛り込まれた用語が理解できないことはなく、ちゃんと理解を助ける記述がある。

とても読みやすいので、サスペンスを何か読みたいと思っている方にはオススメの一冊。


半落ち
半落ち
posted with amazlet on 07.04.03
横山 秀夫
講談社 (2005/09)
売り上げランキング: 6939

  • [2007/04/04 08:30]
  • 書評 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

新年度が始まったね~ 

なんだか今年は新年度!!って感覚が強いです。
理由としては・・

  1. 近しい同期が大きな異動
  2. ちょっと大きな職場内お引っ越し
  3. 弟が就職
  4. 家庭教師バイトしてたときの元教え子が就職
  5. 新人研修でお兄さん役
  6. 仕事内容刷新


といったところでしょうか。
何かと新しい事がてんこ盛りです。
4月は出会いの季節ですし、一瞬一瞬を大切にして過ごしてゆきたいと思います。
  • [2007/04/03 08:22]
  • 雑記 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(4) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

おかんとIT 

実家にインターネット環境ができたとか。
今度帰ったときにでも、おかんにメールの使い方とか教えてみよう。
livedoor Readerまでいったら言うことないな。


参考
母親がlivedoor Readerを使い始めた(管理人日記) - むぅもぉ.jp
http://muumoo.jp/news/2007/03/20/0kaachanldr.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。