スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

[読書]予想どおりに不合理 

日頃の行動を客観的に観察してみると、実に不合理な選択をしていることがわかる。
そんな事実を、様々な実地実験を通して示してくれる一冊だ。

冷静に考えればそんな選択はしないはずなのに・・と、ショックで軽く眩暈がしてしまう感覚。
しかし誰しもが図星である部分を備えており、納得せざるを得ない結果ばかりなのが、さらなるショックを引き起こす。

このような実際の行動と照らし合わせて経済動向を考える分野を「行動経済学」という。
この本はまさしく「行動経済学」を扱った本で、数々の楽しい実験を通して、行動経済学の一端を垣間見せてくれる。
実際の行動を観察する、という部分が基礎になっている分野だけあって、理論を提示して読者を納得させるなんてことはしない点も素敵。

原著は“Predictably Irrational”、MITのAriely教授による著作だ。
文末の参考リンクでもいくつか書評記事を紹介するが、全てにおいて高評価が下っているあたり、この分野でも注目すべき一冊なのだろう。
本書で言っていることは、ある意味では簡単だ。
普通の経済学は人間の消費行動を理想的なものとして捉えているけど、実際には不合理な選択を沢山しており予想が非常に難しい、ということを示している。
それを導くために、345ページに渡って面白い事例がちりばめられている。

中でも面白かった指摘や気付きを幾つか挙げよう。
(皆、薄々気づいていることばかりではあるのだけど)


  • 相対性の真相と、需要と供給の誤謬
    人間は絶対的な価値で物事を捉えるのがとても苦手であり、大抵は他の物と比較して物事の価値を判断している。
    この手法は広告にも応用されているし、自身の判断基準としても根付いてしまっている。
    そして判断基準としての価値観は、初めに植え付けられた印象に強く引きづられる。
    その威力は想像以上で、インプリンティングはひな鳥だけではなく、人間を操るにも強力な手段になりうることに気付く。

  • ゼロコストのコスト
    無料と謳うことの威力、これもまた想像以上だ。
    金銭価値としては同じだけ割引しているのに、無料になったとたん人は群がるという事実。
    そして無料の魅力に抗うことが難しいのも事実なのだ。
    世の中に「無料」を謳ったサービスや売り方は数多いけど、その威力を知っているのと知らないのとでは、対峙の仕方が異なってくるはず。

  • 社会規範のコスト
    社会規範である、という認識下での行動は、コスト意識を著しく減少させる。
    貨幣による報酬が与えられたとたん、楽しさが減り、取り組む人がいなくなってしまうのだ

  • 性的興奮の影響
    性的興奮の環境下ではまともな判断ができないというのは、なんとなく直感的だけど、その度合いは想像を遙かに超えている。
    異性の魅力に振り回されないよう注意しましょう。w

  • 選択肢を切る
    人は選択肢を与えられると、ほとんど差がなくてもなるべく全てを残しておきたくなる。
    選択肢を切ることには、精神的に強いストレスを感じるようだ。
    ただ、数ある選択肢からどれかを選ぶという行動は、時間が一番貴重な資源となった今という時代においては重要なファクタになるだろう。
    Webが普及したおかげで、良くも悪くも出来ることが膨大に目の前に見えるようになってしまった。
    全てをちょっとずつ、というのは魅力的に映るのだけど、浅く広くで終わる可能性が高い。
    子供に沢山のことをさせたい、という思想を持つ親は多いだろうけど、行き帰りや準備の時間を考えると、他方のスキルをどれだけ伸ばせるだろうか?
    この指摘は、自分にも当てはまる部分が多くて、反省させられる内容だった。

  • 価格の力
    人は価格が高い方が、効果があるに違いないと考えてしまう。
    これはいかにもありがちな感覚で、薬や手術など深刻な事態になるほどその傾向は顕著だ。
    「プラセボ効果」が生まれるだけのことはある。

  • わたしたちの気質の背景
    不正が少しでも可能な状況下では不正に走りやすい
    そして、どれだけ不正がしてもばれないような状況であっても、一定水準以上の不正しない。
    普段健全な人でも、多くの割合でこんな行動を取るというのは、なかなかの衝撃。
    自分は正直で正しくありたいという思いが、大きく箍を外すことをとどめるが、不正だと考えない程度の不正には至りやすいのだ。
    さらに現金に直接触れる場合には不正の大きさが少ないのに対し、何か他のものを介した途端、不正の大きさは急に深刻なものになる。
    罪悪感が働きにくくなるのだ。



もちろん人の行動は文化にも大きく影響されるため、アメリカにおける実験には納得のいかない部分もあるだろう。
しかし、それを考慮に入れても、人が如何に不合理な行動を取っているのかを知ることはショッキングだ。

一般の人が読むと衝撃的な実験に関心させられることしきり。
マーケティングや広告などビジネス的な視点から読むと、新しい切り口での提案が可能になりそうだ。
すなわち、万人にオススメの一冊といえる。


参考:
Predictably / Irrational
http://www.predictablyirrational.com/


404 Blog Not Found:予想以上に合理的! - 書評 - 予想どおりに不合理
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51142124.html


シロクマ日報 > 『予想どおりに不合理』を読んだ後は、『人は意外に合理的』をどうぞ : ITmedia オルタナティブ・ブログ
http://blogs.itmedia.co.jp/akihito/2008/11/post-8d9e.html


ぽっぺん日記@karashi.org(2008-11-08)
http://www.karashi.org/~poppen/d/20081108.html



予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」
ダン アリエリー Dan Ariely
早川書房
売り上げランキング: 168


予想どおりに不合理
  • ダン・アリエリー/熊谷 淳子 訳
  • 早川書房
Amazonで購入
書評/経済・金融

スポンサーサイト
  • [2008/11/27 22:43]
  • 書評 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

miniSDをようやく買った 

携帯を新しくしてから、買わねばーと思い続けていたminiSDをようやく入手。
ヨドバシにて、2GBで2千円くらい。
2GBもいらなかったかもしれないけど、1GBとさほど価格差は無いし、まぁいいやって2GBを買ってしまった。

miniSDが何故必要だったかというと、先日買い換えた921SHでは外部メモリからしかPCにデータ移動が出来なかったため。
本体から移動できないというのは、なんでなんだろう?
致命的なエラーから復帰できない事態をあらかじめ回避するための施策なのかなぁ。
# 普通そういう仕様なんだろうか?


  • [2008/11/26 00:04]
  • 雑記 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

[読書]最新地形図の本―地図の基礎から利用まで 

地図業界に興味があり基礎知識を学びたい人や、これからの地図業界の行く末に考えをめぐらせるにはよい一冊。

1995年の本なので、内容は古め。
ただ、地図が作られるまでの歴史は、変わることがないため非常に参考になる。

時代を遡れば、地図を作成することは生涯の仕事とも言える偉業だった。
全国を測量して地図を作った人といえば、社会科の歴史でも習ったであろう、伊能忠敬。
当時のテクノロジから考えれば、驚異的な精度で作られたという地図だった。
そして、その後どのような経緯を辿って、現代の地図として全国分が整備されていったかは、なかなか面白い。

例えば、よくある縮尺の2万5千分の1から5万分の1が作られた、だとか、様々なルールが示されている。(つまり5万分の1は計測結果から作っていたわけではない)
整備したあとの更新ルールなども楽しい。
他方では測地系のお話や、メッシュコードなど地図の世界独特の話もてんこもり。

昨今では、測量技術やGIS技術が発達し、非常に精細な地図を誰もが自由に使えるようになった。
しかも無料でかなり高機能な地図アプリケーションが使える。
衛星写真、ストリートビューを備えたGoogle Maps、距離測定や様々な情報を動的に地図に載せることができるマピオンなどを見ても、高機能なことは明らかだ。

昨今のIT技術の発展により、地図業界も大きな変革時期を迎えていると思う。
地図自体の情報価値は薄れつつあり、如何にして他の情報や機能を加えて差別化を図るか、といったことに焦点が当てられている。
(もちろん地図に価値がないわけではなく、常に新鮮な地図情報を提供することなどは非常に難しく価値が高い)

地図を持っていること、それ自体に価値が無くなっていることは、体質の弱い企業を淘汰することに繋がる。
しかし、これまでの歴史を振り返ってもテクノロジはそうやって成長を繰り替えしてきたのだから、まさに今が変革期といえるだろう。
今を乗り切った企業が、この先の地図サービスを牽引していくはずだ。

参考:
地図検索 マップはMapion
http://www.mapion.co.jp/


Google マップ - 地図検索
http://maps.google.co.jp/


heavy monologue | [読書]空間情報科学の挑戦
http://heavyfeather.blog38.fc2.com/blog-entry-750.html



最新地形図の本―地図の基礎から利用まで
大森 八四郎
国際地学協会
売り上げランキング: 793471

  • [2008/11/25 00:14]
  • 書評 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

臨時出勤 

一昨日も書いたけど、今日は折込済みの臨時出勤。><
周りが静かなので仕事がはかどるのはよいのだけど、誰もいなさすぎて寂しくなってくる。w
PerfumeのDream Fighterをハードリピートにして、ちまちま頑張っております。

三連休だったけど、日曜日は回復睡眠、録りためてた番組視聴、ちょこっと読書で一瞬で消化しちゃったから、仕事しかしてないイメージが。w

QuickPayに登録 

2ヶ月ほど前に携帯電話を新しくしてから模索していた、おサイフケータイ機能。
結果、チャージの必要がないQuickPayにしてみた。
アプリケーションのアップデートやら何やらで通信料が異常にかかったのは気になるけど、ぼちぼち使い始めている。

会社の目の前にあるAMPMは対応していないようで、道中のローソンでお買い物をする機会が増えてしまった。
チャージを気にすることなくお買い物できちゃうため、使い勝手は非常によい。

iDはドコモ主体のサービスだというのは分かっているけど、他のキャリアでも使えるようになれば登録するんだけどなぁ。
他の電子マネーもオートチャージが使えるようになれば使うんだけど。
今のところ、残高を気にしたりだとか、結局カードを作る必要があるとか、年会費かかっちゃうとか、何かしら制限があって手軽さにかけるものが多いように思う。
はっきりいって、サイフを出した方が分かりやすい。


参考:
使う人ほどトクをする。チャージのいらない電子マネー。|QUICPay
http://www.quicpay.jp/

なぜか会社にいる 

秋葉原のヨドバシで買い物してたら電話がかかってきて、会社に来ることになってしまった。
会社に一番近い位置にいたのが運のつき。w
うーん。運用担当じゃないんだけどなー。><

そして月曜日も臨時出勤予定だったりする。(これは折込み済み)
  • [2008/11/22 16:39]
  • 雑記 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

久しぶりに世間へのアウトプット 

ここ一ヶ月ほど忙しくしていた仕事がようやくサービスインしました。
なんとか期日通りにサービス開始に至れたので、一安心。
BtoCのサービスをリリースできたのは久しぶりな気がする。

関連はこのへん。


ドコモの新機種を手にしているユーザはまだまだ少なそうですが、iコンシェルのコンテンツで1stプロバイダになれましたー。
数年前の仕事では、iチャネルの1stプロバイダとして仕事をしましたし、自分のキャリアは何気にドコモと縁が深いことに気づく。

また、先日は部長さんがテレ東のWBSに出て取材を受けていたせいもあり、直前になってプレッシャが高まりましたが、なんとか無事?オープンできて何よりでした。

システム面以外でも学ぶことが多く、実があるといえば、ありまくりなプロジェクトです。
サービスイン直前になって想定外の事項が発覚したりと、本格運用が始まって以来さらに忙しくなっているのは気のせいだと思っておきたい。
  • [2008/11/20 20:23]
  • IT関連 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

ぎゃー 

こないだ旅行へ行くのに、友人達の分を立て替えまくってたら、クレジットカードの請求額が27万になってる。w
家賃やらもろもろ入れると、今月の出費は40万くらいになりそうだ。
・・・えーと・・先月はどれだけ残業してたっけかな。><

SPEEDが復活したそうで 

懐かしいなー。
プロデューサもちゃんと伊秩弘将のようだ。

クリスマスシーズンだからか、テレビ出演の際は「White Love」を推しているように見える。
どう考えても自分たちの世代がターゲットです・・!

SPEED好きだった友達に話題を振ってみたら、MAXがオリジナルメンバで復活したことも忘れるな!と言われた。w


Dear Friends1
Dear Friends1
posted with amazlet at 08.11.16
SPEED
トイズファクトリー (2000-03-29)
売り上げランキング: 1802



Precious Collection 1995-2002
Precious Collection 1995-2002
posted with amazlet at 08.11.16
MAX
エイベックス・トラックス (2002-03-20)
売り上げランキング: 14895


  • [2008/11/16 01:33]
  • 雑記 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

[読書]大学の話をしましょうか 

森博嗣へのインタビューを通し、大学のおかれている状況や教育について、独特の切り口で語って貰っている。
Q&A形式なのでとても読みやすく、さくさく読める。
「学生について」「大学という組織について」「研究者・教育者・作家としての森博嗣」という、大きく三つの観点でまとめられている点も、内容を汲み取りやすくてGood。

以下では、各章について紹介する。

  • 学生について
    ゆとり教育が実を結んで、試験の点数が採れないという点では、学力が低下していると述べる。
    そして、そんな状態はお上の望んでいた状態にはなっているということですよね、という問題提起。
    ただし、人間性が豊かになっているのを感じており、優劣を別の観点で測ればよいのではと言う。
    これらについては、概ね同意できるところ。文章を読めばすんなり頭に入ってくる。

    面白いと思った視点は、昔に比べて日本が豊かになっているため、ビリにならなければよい、という意識が強いと述べている点だ。
    よくハングリー精神が足りない、なんて言われるけど、この意識が根底にあるのは否めないんじゃないだろうか。

  • 大学という組織について
    出世すると、事務仕事や委員会などに追われ、研究者の本質の仕事である研究へ取り組める時間がぐっと減る。
    そんな状況を振り返り、助手の頃は研究に没頭できて幸せだったと述懐している。
    大学組織に関しては、縮小するという選択肢が無い点を指摘。
    組織改編でなんとか人員削減を逃れ、生き残ろうとする様をこき下ろしている。

  • 研究者・教育者・作家としての森博嗣
    大学をやめるための布石として、小説を書き始めたそうだ。
    小説は曖昧なところを残して構成する点が論文とは大きく異なると、両方の立場を経験しているからこそ語れる指摘が面白い。

    以前どこかで、大学の先生をしながらも小説家としての収入があったため、それぞれの組織に言いたいことが言えた、と書いていた。
    これは、これからの社会を生きていく上で、一つの指針になっていると思う。
    収入源に幅を持たせることで、個人でも社会を強くサバイブできるだろうし、フラット化するといわれる近未来では重要な選択肢といえよう。


大学という組織を通じて、示唆に飛んだ多数の発言を読むことができる、お得な一冊。
森博嗣の鋭い発言は現代社会へのアンチテーゼともいえ、反社会的な精神をくすぐられながら、愉快に読めることだろう。

参考:
MORI LOG ACADEMY
http://blog.mf-davinci.com/mori_log/index.php





  • [2008/11/15 00:22]
  • 書評 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

疲れたわい 

完徹はかなり久しぶりだった。
昼食後、午後一の会議と、帰りの電車が眠くてつらかった。><

今からご飯食べてすぐ寝よう。。。Zzzz
  • [2008/11/14 20:22]
  • 雑記 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(2) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

初泊まりだー 

サービスオープン前にばたばたしすぎで、初の会社お泊まりだー。
朝までにやることはまだまだあるのが困ったところ。><

昨日たっぷり寝ておいてよかった!
  • [2008/11/14 00:52]
  • 雑記 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

Webで絵画めぐり 

ヴァーチャル絵画館 西洋美術史=時代と様式解説 主題解説=ギリシャ神話・聖書の物語・文学・象徴
http://art.pro.tok2.com/


素敵なサイト。
著作権の切れている絵画を対象として、アーカイブしている。

先日、特番の組まれていたフェルメールに始まり、ゴッホといった有名どころ、さらには浮世絵まで掲載されています。
美術品に接する機会が少なく、美術史にも疎い私でも、眺めていて面白いです。
時系列に並んだ絵画を見ていると、美術史も勉強してみたいなーと思えてきます。


原寸美術館 画家の手もとに迫る
結城 昌子
小学館
売り上げランキング: 63992

  • [2008/11/11 20:16]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

オバマ氏の勝利スピーチ 

NewYorkTimeのサイトに動画と全文が掲載されていますね。
自動でテキストを追いかけてくれる作りになっていて、よい感じです。

Barack Obama's Victory Speech - Election Results 2008 - The New York Times
http://elections.nytimes.com/2008/results/president/speeches/obama-victory-speech.html

  • [2008/11/09 19:18]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

[読書]蝶々の纏足・風葬の教室 

山田詠美の中篇三作が収められた一冊。
味のある登場人物たちが織り成す、独特の雰囲気をまとったストーリー。
これまでに山田詠美作品は何冊か読んだが、本書の三篇は、著者のもつ一流の技が際立っている。

幼少時代から大人になっていく課程で生まれる、よく考えれば気になる感覚を描くのがとにかくうまい。
まるで、刺さったトゲに気づいてしまった時のように、一旦気づくと気になって仕方がないといった感覚だ。
特に学生時代、即ち思春期における感覚は独特。
そして、それらの感覚は大人になると大抵忘れてしまっているのだけど、山田詠美の本を開けばそんな感覚を思い出させてくれる、という点が売れっ子の理由であるように思う。

収録の三篇は、日本のどこかにありそうな学校や家庭が舞台になっており、そこで生活するちょっと変わった子供たちが中心になっている。
どこかの教室で繰り広げられていそうだなーなんて、シーンを想像することが容易な点も、読者を飽きさせない技なのだろう。
子供たちの語り口で物語が展開していくが、そのちょっぴり変わった部分を情感豊かに描くと、ある種サスペンスのように読めてしまう。
サスペンスは非日常、でも舞台は身近、という相反する要素を混ぜ込むさじ加減がとても巧い。

本書に収録されている三篇の中でも、私は特に「風葬の教室」が印象的だった。
懐かしい感覚を覚えながらも、ネガティブな次の3点を再認識させられたのだった。
・子供ならではの無邪気な残酷さ
・村社会としての教室と、その中にうずまく恐さ
・子供達にとっては教室が社会そのものであり、唯一のもの

子供の持つ豊かな感受性を描きながら、各短編のオチは変化球。
読者も様々な感情に揺さぶられながら飽きることなく読むことができる。
短編集を求めている方には、オススメの一冊。


蝶々の纏足・風葬の教室 (新潮文庫)
山田 詠美
新潮社
売り上げランキング: 93430

  • [2008/11/07 17:05]
  • 書評 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(2) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

帰宅後の時間割 

ここ数ヶ月くらい継続中の、帰宅後時間割。
最近帰りが遅くて、こなすのが大変なんだけど。。。
そしてお酒入ってるときとか、思い切り疲れているときは、堂々とさぼる。w


  1. 英単語お勉強
    iKnow活用中。
     →iKnow! へようこそ - 英語学習コミュニティ - iKnow!(http://www.iknow.co.jp/)

  2. 簡単なストレッチ&筋トレ
    2,3日に一度くらい。
    そろそろ年齢も年齢なので、放っておくと脂肪ばかり増えそうだから!

  3. 読書
    お風呂に入った後、余裕があったら読む。
    最近は余裕がないので、自宅での読書がはかどらない。

  4. 撮り溜めたTV番組視聴
    寝に入りつつみる。バラエティ、ドラマが多い。
    コンシューマ視点を忘れないために、流行りを抑えている感じ。
    最近は、NHKの番組が面白いと感じ始めた自分に年齢を感じる。。


寝る頃にはだいたい1~2時くらい?最近は起床が7時。
本当は0時に寝て、6時に起きるようにしたいのだけど。。帰ると0時になっている今日この頃。

キーボードを打っているだけでパスワードが盗まれる!? 

モニタの電磁波を測定して打鍵キーを盗聴する、といった手法は聞いたことがあったけど、今ではキーボード打鍵時の電磁波を盗聴してタイプキーを判別できるらしい。
もちろん観測条件が理想的なことを想定しているだろうけど、このまま盗聴技術が高度になっていったらと思うと・・・おそろしい。


参考:
キーボード打鍵時の電磁波で情報漏えい、スイスの研究者が実証
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/10/21/21252.html


テンペスト(電磁波盗聴):盗聴対策情報:JP-セキュリティネット
http://www.jp-security.net/01touchou-taisaku/tenpesuto.html

  • [2008/11/04 23:55]
  • セキュリティ |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

[読書]ビジネスマンのためのスピーチ上手になれる本 

ビジネスマンに限らず、人前で意見を述べるシーンはそこかしこにあるはず。
本書ではちょっとした人数の聴衆の前でのスピーチを対象にしているが、記載されているテクニックや心構えは、少人数の会話でも使えるものばかりだ。
即ち、スピーチのスキルを向上を目指しながら、コミュニケーションスキルも高められる一冊と言ってもよいだろう。

筆者はラジオDJや講演をこなしている上、スピーチの為のコンサルティングも手掛けている。
この肩書きを見ると、いかにも話し慣れしていて平然とスピーチをするんだろうと想像しそうだが、実は緊張もするし汗もダラダラとかくものだと書いている。
しかし、この緊張を利用して、力に変えることができる点がプロたる所以だろう。

本書で一番印象に残ったのは、ジンクスなどを作ることも効果的だが、何よりもまず技術ありき、という点だ。
技術さえ身につければ、あとは緊張をうまくつかうために、スピーチの前に自分だけの儀式をもうけることが効果的に働く。

本書では次のようなティップスを含んでいる。
  • ちょっとした間を使うこと
  • 抑揚の付け方
  • 息の使い方
  • 笑顔や身振り手振りを使う


また、基本的なトレーニングとして、自分の持つ響く声を探し、声を出す練習をしようと訴えている。
これらを抑えれば、アマチュアレベルとしては十分なレベルに達するのではないだろうか。

何よりも忘れてはいけないのは、スピーチのプロでもかなりの下準備をしているという点だ。
日頃から話のネタを仕込む努力をしている点には触れるまでもないが、いつでも使える武器として得意分野のトーク3本柱を持つようにしてるらしい。
つまり、どんな話を振られても、いつの間にか自分の得意な話題に持ち込んで話を展開できるテクニックだと言える。
自分なりの伝家の宝刀を作ることができれば、これほど心強いことは無いだろう。

一方では聴衆の規模にも考慮すべきで、人数や会場の広さ、照明のON/OFFなどによって話すスピードを変える必要があるという点は、新しい気づきだった。

このように、身につけるべき数々の技術について触れているのだが、対象読者が普通のビジネスマンなだけあって、正直浅く広いレベルに留まっている印象をうけた。
基礎をきっちりと身につけたいと感じたのなら、技術をメインに扱った本を当たるとよいだろう。
ただ、広く浅くであっても、一般のビジネスマンにとってはかなりの効果があるはずだ。

スピーチに苦手意識があるけど、そんな状況を打破したいと感じている人に役立つ一冊といえる。



ビジネスマンのためのスピーチ上手になれる本
Amazonで購入
書評/ビジネス

  • [2008/11/03 18:25]
  • 書評 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。