スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

[読書]メディカルツーリズム 

メディカルツーリズムへの案内を通じて、世界の医療情勢を紹介する一冊。
メディカルツーリズムとは、その名の通り「医療」と「観光」を一緒に味わおうという趣旨の旅行だ。

先進国とそれ以外の国の間にある経済格差を利用するのが主な目的になる。
外国へ赴いて病気の処置を受けることで医療の負担額をおさえ、余裕があれば現地で観光を楽しむのだ。
対象となる病気も多様で、簡単な歯科医療に始まり、心臓病や股関節置換手術など大がかりな手術に至るまで、海外でも一流の医療を受けることができる。
各国で得意とする病気が異なるそうで、メディカルツーリズムの候補となる場所を複数挙げ、受けることができる医療やその土地の特徴を詳解している。
その分析はとても細かく、この本の魅力のひとつになっている。

ただし、米国で出版されたこともあり、米国在住の人を対象とした視点でまとめられているのが残念だ。
邦訳の際に日本の事情を含めた形にしていれば、かなり魅力的な一冊になっていたはず。
米国と日本とでは、医療保険制度の様子も大きく異なる。(日本では一応、皆保険が成り立っている!)
また、昨年のサブプライム問題以降、ドルも円もかなり安くなってしまっており、海外医療の安さの魅力は減っている。
これらの事情を含めると、日本人にとっては観光の要素が強い動機付けになるかもしれない。
なんといっても、日本ではまだ英語を堪能に操る人は少なく、日本語が通じない国で大きな手術を受けるのは不安が大きすぎる。

これらの問題を解決するために、日本人の視点からまとめたメディカルツーリズムの本があれば、是非読んでみたいところ。
とはいえ、本書では世界各国の医療事情がよくまとまっているので、メディカルツーリズムの世界を垣間見ることができ、勉強になるのは確か。
世界を股にかけた医療を学ぶにはよい一冊だと思われる。


メディカルツーリズムAmazonで購入
書評/健康・医学

  • [2008/08/10 23:39]
  • 書評 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。