スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

[読書]大量監視社会―マス・サーベイランス 誰が情報を司るのか 

プライバシーの観点から、政治のあり方やテクノロジの活用方法について、警鐘を鳴らす一冊。
生活空間に監視体制がいつの間にか組み込まれていることに驚愕し、自分の情報がどこまで収集・利用されているのかを考えると、薄ら寒い感覚に襲われることだろう。

最近では、街中でもよく見かけるようになった監視カメラ。
公共施設にはじまり、コンビニ、ショッピングモール、マンションなど、設置場所は枚挙に暇がない。
一時はプライバシーの観点からメディアからも注目され、賛否両論の意見が挙がっていたように思う。
しかしその後のマスメディアでは凶悪犯罪がクローズアップされ、防犯目的という大義名分を元に、監視カメラが設置され続けている。

監視カメラが活躍している場面で真っ先に思い浮かぶのは、自動車道に設置されたカメラだろうか。
いわゆるオービスとして活躍しているわけだが、撮影された画像の扱いには不透明な部分も多い。
著者はこの現状から、国内の自動車移動は見張られ続けているではないかと警告している。

本書では他にも、無線通信技術(ICカードやRFID)、遠隔地の監視システム、ネットワーク技術による情報の統合(住基ネットなど)の生い立ちや運用体制に対して、鋭く踏み込んでいる。
数多くの事例を扱っており、勉強になる部分が多い。

ただ、全編を通して批判的な感情が表に出すぎており、言葉遣いが汚いとさえ思えてしまう箇所もある。
プライバシーの問題は非常にセンシティブであるため、中立的な立場から冷静に分析をしてほしかった。
また、作品のスパイスとして批評を盛り込むことは効果が高いと思うが、現状を憂いているだけの部分が多い。
冷静な分析と、著者なりの対策を盛り込むことで、非常に素晴らしい本になるのではないかと感じた。

一方、インターネットから入手できる調査資料だけで、一冊の本に仕上げたという点にも注目したい。
近年は流通する情報が膨大になりすぎて取捨選択が難しい場面も多いのだが、行政活動などの公開情報を追いかけるための道具として、インターネットは非常に優れていると感じた。
もちろんインターネットのみからの情報収集には限界があるとは思うが、分野によっては一冊の本にまとめられるだけの情報が手に入る時代なのだ。
情報過多と呼ばれる時代において、インターネットとの付き合い方を考えさせてくれた。


  • [2008/08/27 21:44]
  • 書評 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。