スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

P2P 

BitTorrent http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0412/13/news049.html

P2Pソフトの研究は進んでるんだなぁと実感。
国内での有名P2Pソフトといえば、MXとwinnyだろうか。
最近ではshareとかいうのも出現している模様。

機能も完全にP2Pだったものから、暗号化による匿名性を備えることで一見だれが何のファイルをやりとりしているのかわからない状況に。
その暗号も解読されてしまったようだけど。


そして記事のBitTorrentは、複数の相手からファイルの断片をかき集め、ローカルで元のファイルに組み立てる。元のファイル情報(たぶんハッシュ情報など)を持っているため、正しいファイルの断片だけを集めることができる。
# 記事の中では、元のファイル情報を「オリジナルの設計書」と表現しているつまり、間違ったファイルを持ってくることがない。

断片を集めて組み立てる、ってのは凄いなーと思った。
# これまでのP2Pソフトの中で既出だったりして


P2Pソフト、開発は悪いとは思わないけど、なかなかうまい活用法が見つかってないのが現状。
音楽とか動画をやりとりする、ってのは当然の流れなのか。ここでP2Pソフトじゃなけりゃできないような、革命的なソリューションなりビジネスモデルを考えれば一攫千金!アイデア募集中。w
断片かき集めて、ってのは既出でした。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。