スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

[読書]大学の話をしましょうか 

森博嗣へのインタビューを通し、大学のおかれている状況や教育について、独特の切り口で語って貰っている。
Q&A形式なのでとても読みやすく、さくさく読める。
「学生について」「大学という組織について」「研究者・教育者・作家としての森博嗣」という、大きく三つの観点でまとめられている点も、内容を汲み取りやすくてGood。

以下では、各章について紹介する。

  • 学生について
    ゆとり教育が実を結んで、試験の点数が採れないという点では、学力が低下していると述べる。
    そして、そんな状態はお上の望んでいた状態にはなっているということですよね、という問題提起。
    ただし、人間性が豊かになっているのを感じており、優劣を別の観点で測ればよいのではと言う。
    これらについては、概ね同意できるところ。文章を読めばすんなり頭に入ってくる。

    面白いと思った視点は、昔に比べて日本が豊かになっているため、ビリにならなければよい、という意識が強いと述べている点だ。
    よくハングリー精神が足りない、なんて言われるけど、この意識が根底にあるのは否めないんじゃないだろうか。

  • 大学という組織について
    出世すると、事務仕事や委員会などに追われ、研究者の本質の仕事である研究へ取り組める時間がぐっと減る。
    そんな状況を振り返り、助手の頃は研究に没頭できて幸せだったと述懐している。
    大学組織に関しては、縮小するという選択肢が無い点を指摘。
    組織改編でなんとか人員削減を逃れ、生き残ろうとする様をこき下ろしている。

  • 研究者・教育者・作家としての森博嗣
    大学をやめるための布石として、小説を書き始めたそうだ。
    小説は曖昧なところを残して構成する点が論文とは大きく異なると、両方の立場を経験しているからこそ語れる指摘が面白い。

    以前どこかで、大学の先生をしながらも小説家としての収入があったため、それぞれの組織に言いたいことが言えた、と書いていた。
    これは、これからの社会を生きていく上で、一つの指針になっていると思う。
    収入源に幅を持たせることで、個人でも社会を強くサバイブできるだろうし、フラット化するといわれる近未来では重要な選択肢といえよう。


大学という組織を通じて、示唆に飛んだ多数の発言を読むことができる、お得な一冊。
森博嗣の鋭い発言は現代社会へのアンチテーゼともいえ、反社会的な精神をくすぐられながら、愉快に読めることだろう。

参考:
MORI LOG ACADEMY
http://blog.mf-davinci.com/mori_log/index.php





  • [2008/11/15 00:22]
  • 書評 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。