スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

[読書]卒業―雪月花殺人ゲーム 

東野圭吾の加賀恭一郎シリーズ、第一冊目。
1986年発行の初期作品だけあって、文章や世界感、さらにはトリックまでやや古めかしい印象を受けた。
しかし、それでも面白く読ませるあたりが一流。

主人公たちは学生という身分。
事件がサークル活動を含めた形で起きることもあり、日常生活の中で実際におきそうな雰囲気を纏ったストーリーだ。
考え込むことなく気軽に読めるところはポイントが高い。
続くシリーズも読みたくなってしまった。


東野圭吾 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E9%87%8E%E5%9C%AD%E5%90%BE



卒業―雪月花殺人ゲーム (講談社文庫)
東野 圭吾
講談社
売り上げランキング: 11809


  • [2008/12/24 19:24]
  • 書評 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。