スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

後からインストールしたPostgreSQLを、PHPで使う 

以下はパッケージでのお話。
(たぶんソースからmake installしても似たようなものだと思うけど)

  1. まずは、PostgreSQLをインストール
    sudo yum install pgsql php-pgsql


  2. pgsql.soを探す。
    find / | grep pgsql.so

    例えばこんな場所にありそう。
    /usr/lib/php/modules/pgsql.so


  3. php.iniを編集
    sudo vi /etc/php.ini

    extension_dir = "/usr/lib/php/modules"を確認し、
    extension=pgsql.soを追記

  4. 念のため、ライブラリ群を再読み込み
    sudo /sbin/ldconfig


  5. php -m で pgsql が表示されることを確認

  6. apacheを再起動
    /etc/init.d/httpd restart


  7. phpを実行
    print_r(get_loaded_extensions());

    この結果出力中に、pgsqlがあることを確認


これで、OK。
  • [2009/03/03 19:24]
  • 技術メモ |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。