スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

[読書]効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法 (2/2) 

続き。今回は学びをメモするエントリ。
目次の流れに沿ってメモを記載。

  1. 情報洪水から 1%の本質を見極める技術
    • フレームワーク力
      MECE、ロジックツリーなど、思考フレームワークはこれから勉強したい分野。
      良書を一冊読んでおくだけでも、自分の武器のラインナップが充実しそう。
    • ディープスマート力
      時間をかけて暗黙知を蓄積し、新しい洞察ができる状態。
      これは前エントリにも書いた、貴重な経験を多く積むためのテクニックにつながる部分だろう。
    • 自分の価値を出せないところはばっさり切り捨てる
      時間は貴重な財産。自分が効率よく活躍ができるドメインを見つけよう。
      ただ、自分は全部やればいいじゃん、といった思考がまだ強い。
      どっちを取るか、といわれたら、両方やってみる思考。(ここ数年のチャレンジ的な意味合いが強い)
    • 本代けちらず、良書を読む
      良書にはお金をけちっていてはいけませんね。
      今年は過去の良書に重きを置いて読書を進めたい。


  2. 効率が10倍アップするインプット術
    • 何はなくともノートパソコン。自分の補助脳として。
      索引付けがとても大切な時代。
      瞬時に情報へアクセスできる状態に、自分を置いておくことは大切かも。
    • フォトリーディング、親指シフト、マインドマップなど、自分ならではのOSを整える
      自分なりに多くのモノを習得できる術を身につけよう。
      速読は身に着けたいけどなかなか実行に移せず。
      インプット術/アウトプット術の両面に関して、徐々に改善をしていこう。
    • アナログ入力とデジタル入力をバランスよく使い分ける
      これは同感。どちらも大切。
      特にデジタル入力に比べて、アナログの入力は労力を必要とするため、貴重な機会を逃さないようアンテナを張って過ごす。
    • マスメディア情報を減らし、実体験、他者体験、良書を三大情報源とする
      自分はインプットの中でも、マスメディア情報を多く取り入れている実感がある。
      息抜きをかねつつも、世間の感覚を取り入れたり、新たな情報を仕入れたり。
      ただし、過多になるのはよくなさそうな気がしますが。
    • 空・雨・傘。情報の三段階
      思考フレームワークの一種。
      空は事実。「見上げると曇ってきた」
      雨は解釈。「雨雲が出てきたので雨が降ってきそうだ」
      傘は行動。「雨が降りそうだから、傘を持っていこう」
    • 睡眠は投資。よく運動して、よく寝る
      自分はといえば、睡眠時間を削って全部やってみる方向に走っている。
      睡眠時間を削って成果を収める人も多いけど、自分は間違いなくそっちよりの志向。


  3. 勝間流、読書投資法
    1. 本は著者との対話
    2. すぐに読まない本でもとりあえず買っておく、読まない本は買わない
    3. 5000円いないの本は迷わず買う
    4. 自分のテーマのアンテナを張っておく
    5. ベストセラーは読みやすいが、中身が濃いとは限らない
    6. 保管しておくのは買った本の10分の1
    7. 本を読むときは速読スキルを含め、スピード最優先


  4. 成果が10倍になるアウトプットの技術
    • 自分独自のアウトプットを作って、インプット情報を自分で確かめてみる
      あれこれ使ってみるのもありかな。
      blog, twitter, mixi, email, gtalkなどなど、あれこれ使っている自分。
      文章を書く際に、身構えることなくすぐに始められるだけでも、よい習慣なのかも。
      (最近とみにメールを書くシーンが多い)
    • 自分の学びを言葉で表現してみる
      「ロジカル・シンキング」を読む。良書ですね。
      思考スキルの幅と深さを鍛えることは、あらゆるシーンで役立つ。
    • 自分の学びを常に数字に置き換えるクセをつける
      これは自分になくて、身につけたいスキル。
      まずは定量評価をする癖をつけたい。
    • 自分の学びから情報を絞り込み、軸を発見する
      思考フレームワークの習得につながる。
      簡略化、階層化、フレームワーク化。ピラミッドストラクチャ、MECE。
    • 自分の学びをブログに統合して表現してみる
      分かりやすく、興味を持ってもらえるようなアウトプットを身につけるための訓練になる。
      こつこつと鍛えよう。
    • 自分の学びを本として出版してみる
      アウトプット力を身につけて、チャンスを作る。
      これはハードルが高そうだけど、出版を目指して能動的に活動をすることも大切そうだ。


  5. 知的生活を根底から支える生活習慣の技術
    • 喫煙・飲酒など知的生産の6大危険因子を極力遠ざける
    • 隙間時間を有効活用するクセをつける
    • 睡眠時間をしっかり確保し、情報整理とストレス解消に役立てる
    • 知的生産の集中力をつけるために、体力をつける
    • 頭の健康にいい食生活を心がける
      白いもの、動物性タンパク質はひかえる。
      とりあえずは小食思考がよさそう。昨今の食文化は過食だと思います。


  6. 自分の力が10倍アップする人脈作りの技術
    • 情報をGive&Give&Give&Give&Giveする
      アウトプットを増やすと、人が集まり、人脈も増え、インプットも自動的に増える。=新たな学び。
      大切な心がけ。
    • メールの質・量を高めて、つながりを広める
      メールでのつながり。その人のブランディング。
      生き方によるだろうけど、パーソナルブランディングという考え方は、これからますます大切になるかも。
    • コミュニティ、メーリングリストを活用して、人の集積基地になる
      自分でリーダーになって運営してみよう。
      ネットワークのハブになるのだ。
    • ランチミーティングを上手に併用する
      お手軽に人脈を構築するためのティップス。
      establish & maintain relationship.
    • 自分のコミュニケーションスタイルを尊重する
      無理をしても仕方が無い。
      その人にあったスタイルを大切にしつつ、アクティブな活動を心がけよう。




効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
勝間 和代
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 2336

  • [2009/06/19 23:44]
  • 書評 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。