スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

ネットスーパーを使ってみた 

イオン、イトーヨーカドー、西友などの大手流通(MGS)が取り組んでいるネットスーパー。
まだまだ地域が限定されており、首都圏がメインのようですが、自宅のある市川も範囲に入っていたため使ってみました。
# 今のお仕事の絡みもあって、流通とメーカーの関係、加えてそれぞれの取り組みにアンテナをはっておかないといけないのも理由の一つ

候補は上記したとおり、3つのMGS。
  1. イオン
    商品の充実具合、プライベートブランド(PB)の安価な商品群、3,000円以上で配送料無料など魅力はピカイチな気がした。
    ただ、市川が範囲に入っていなかったので諦めるしかない。
    そのうち地域拡充で範囲に入った折には利用したい。
  2. イトーヨーカドー
    こちらもPBが充実しており、イオンに負けないラインナップ。
    ただ配送料無料になるのが5,000円以上と、独り身には辛い価格設定。
    子供のいる家庭だと、なんの問題もなく使えそう。
  3. 西友
    上記2企業と比較すると、ラインナップが弱い。
    配送料も5,000円以上からが無料。


比較した結果、イトーヨーカドーを利用することに。
登録の際に住所を入力すると、担当してくれる店舗が決まる。
そのあとはあれこれと商品を選んでお買い物。
Webに掲載されている商品は、現在のチラシと連動しているため、お買い得商品も選択できちゃう。便利。
肉や魚、野菜に加え冷凍食品なども気軽に買い物できるし、大きさや重さも気にせずがんがん買えちゃうのはネットスーパーの大きな利点だろう。

5,000円以上にもなると、結構な量になるのだけど、丁寧に梱包され届いた。ありがたや。
朝~お昼くらいに注文してしまえば、その日のうちに届くみたいだし、かなり便利なサービスなんじゃないかな。
少なくとも自分には、今後もたまに使いたいと思わせるサービスでした。


流通は大きくなればなるほど強みが発揮されるなーというのが率直な感想。
カバーする地域の広さ、PBの充実、サプライチェーンの整備は流石といえよう。

最近ではイオン+ドコモが新会社設立、なんて動きもありますし、メーカと流通+ITの観点から業界動向を追いかける必要がありそうだ。


参考:
イオンのネットスーパー
https://netsuper.aeon.jp/home/top.aspx


イトーヨーカドーネットスーパー アイワイネット
https://www.iy-net.jp/


西友ネットスーパー&全国配送通販サイト:the-seiyu.com
http://www.the-seiyu.com/


イオングループとNTTドコモ、モバイルマーケティング会社を設立へ - ニュース:ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090401/327603/

  • [2009/07/19 23:43]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。