スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

2009年 Myブックランキング 

いまさら感たっぷりですが、ひるまず更新。

昨年読んだ中でよかった本たちをご紹介。
読みたい本は巷に溢れているけれど、消化が全然追いつかないな~。
そして去年の後半期に読んだ本に関しては、メモの記録をさぼりまくっている・・!

啓発
  • 明日を支配するもの―21世紀のマネジメント革命

    明日を支配するもの―21世紀のマネジメント革命恥ずかしながら、2009年になってドラッカー本を初めて読んだ。
    「プロフェッショナルの条件」もあわせて、示唆に満ちた著作。
    自分の立ち位置や、今後のあり方を考えさせられる。


  • プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長する

    プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))
    知識労働が大きな地位を占める現代。
    労働環境が変わり行く中で、どのように振舞うのがよいか。
    時間という限られた資源をどのように利用するべきかを考えさせられる。



金融
  • ウォール街のランダム・ウォーカー

    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    金融の歴史を知るのにぴったりの一冊。
    人類の歴史を振り返ると、いかにおろかなことか。
    しかし当時の熱狂的な渦に巻き込まれていたとすれば、その魔性を帯びた魅力から逃れるのは至難の業だろう。


  • 黄金の扉を開ける賢者の海外投資術

    黄金の扉を開ける賢者の海外投資術
    強烈にプッシュされるわけではなく、こんな方法もあるんだなという学びがほとんど。
    グローバルな視点での投資術を学ぶのにとてもよい一冊。


  • 貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント

    貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵
    長期視点での投資について教えてくれる一冊。
    昨今の金融危機に陥る前の本なので、どこかのどかな雰囲気が漂っているが、学びが多いのは事実。
    巷に溢れる投機的な学びではなく、どっしりと将来に備えて構えられる姿勢を学ぼう。



社会
  • グリーン革命

    グリーン革命(上)
    ここのところ急激に注目を集めるようになった、エネルギー産業。
    世界規模の大きなトピックを俯瞰するのにぴったりだ。
    決して楽観的ではなく、取り組むためのハードルの高さを教え、その後で世界の取り組みや私たちの出来ることを考えさせてくれる良書。



ビジネス
  • MBAマーケティング

    改訂3版 グロービスMBAマーケティング
    スタンダードなマーケティングを学ぶには良い一冊だった。事例も多い。
    まずは基礎を抑えたい、という人によい。



文学
  • クリムゾンの迷宮

    クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)
    貴志祐介のホラー中篇。
    追い詰められる恐怖を描く腕が凄い。


  • そして二人だけになった

    そして二人だけになった―Until Death Do Us Part (新潮文庫)
    森博嗣のミステリィ中篇。
    中盤以降の展開は賛否両論ありそうだけど、森先生っぽさがあって好きだ。
    切れ味鋭い雰囲気が最高です。
    気に入った方は、シリーズモノもおススメ。


  • 暗いところで待ち合わせ

    暗いところで待ち合わせ (幻冬舎文庫)
    乙一の中篇。
    他にいくつか読んだけど、この作品が一番好きだった。
    温かさと冷たさを両方備えた、稀有な作品。

  • [2010/02/09 23:51]
  • 書評 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。