スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

[読書]レバレッジ勉強法 

少ない投資で沢山の情報を得る、レバレッジを効かせた勉強法を紹介する一冊。

元来、たいていの人は怠ける方向に走りがちだと思うのだけど、モチベーション高く、その逆を行きましょう!というのが論旨か。
エントロピーではないけれど、放っておくとノイズはどんどん大きくなる。
S/N比を高く、アウトプットを見据えて効率よく学ぶにはどうしたらよいのか。
そんなヒントが沢山詰まった一冊だ。

個人的に痛感させられたのは「逆算スケジュール」を作ること。
アウトプットの形と期日を目標として定め、それに向かってマイルストンを設定し、こつこつと事を進める。
タスクを細分化して事に当たることがとても大切な点は、日ごろの仕事からも感じる。

「やりたいこと」から逆算するリバース・スケジューリング | Lifehacking.jp
http://lifehacking.jp/2009/12/reverse-time-management/


また、以下の事柄も、勉強に限らず肝に銘じるべきだろう。
・時間割を作る
・癖にする
・刺激を受ける環境に身をおく
・とりあえず手をつけてみる


以下は目次にあわせて記録した、簡単なメモ。

1 あなたの「ビジネス偏差値」は?
働くより勉強をしよう

2 何を勉強するかを決める
ROI、自分にとって役に立つ(リターンのある)勉強にフォーカス
勉強の分散投資はよくない、フォーカスしよう
レバレッジのきく分野に注目しよう。本の中では金融、IT、語学に触れていた。
人気のある業界で競ってはいけない

3 ラクに勉強できる「仕組み」づくり
子供に教えるべきは勉強ではなく、勉強法
会社の研修にうんざりすると成果がでない、パッシブからアクティブへ

4 成果に直結するスケジューリング
コーチングより小学校の時間割が役に立つ
成果を出したければ休み時間を確保する
締め切りは追われるより追う、締め切りをあらかじめ決定する

5 どんな試験にも受かるテクニック
やるべきことをすべてやってはいけない、必要な分だけ勉強

6 挫折しない英語マスター術
英語ぺらぺらを目指してはいけない
レバレッジ重視、体験につなげる、教材の選別

7 最速で情報を「勉強する」法
よい情報を求めると結果がでない、選別の仕方が大切
情報をファイリングしてはいけない

8 勉強しやすい環境をつくる
ながら勉強がよいかも。無音は集中できない?
道具。ストレスのたまらない環境作りが大切。


レバレッジ勉強法
レバレッジ勉強法
posted with amazlet at 10.04.28
本田 直之
大和書房
売り上げランキング: 39987

  • [2010/04/28 08:06]
  • 書評 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。