スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

[読書]グリーン革命 

3度のピューリツァ賞を受賞している、トーマス・フリードマンの作品。
上巻では、今現在世界を取り巻く状況を把握・整理し、エネルギー問題や環境問題に対するマクロ的な取り組みの難しさを説く。
下巻では、社会全体での取り組に立ちはだかるハードルを取り上げ、楽天的な一面と慎重な一面の両方をもって取り組む必要があることを説いている。
章立てを見るだけでも、ミクロ・マクロの両面から理解を進め、将来に思いを馳せることのできる見事な構成だ。

この本に出会ったのは、かれこれ1年以上前だが、昨今のエコロジーブームが来る少し前だったのはラッキーだった。
エネルギー関連ニュースを取り巻く状況が抑えられるため、理解が進むとともに、考察も深くなる。
テクノロジはもちろんのこと、社会、政治、地政学、ビジネス、消費者など数多くの側面から、エネルギー問題を捉えられる機会は貴重だろう。

悲観的な部分も、楽観的な部分も、冷静にやさしく書かれているため、理解に苦しむ箇所はほとんどない。
アメリカのジャーナリストなので、同国中心の語り口になるのは仕方がない部分。
それを踏まえたうえで、グローバルな視点で考えられるようになればしめたものだろう。

社会問題、ビジネス、政治・・数々の場面でエネルギー問題が取りざたされる世の中。
そんな世の中を賢く生き抜くために、必須となる一冊ではないだろうか。
かなりおススメの作品だ。


グリーン革命(上)
グリーン革命(上)
posted with amazlet at 10.06.01
トーマス・フリードマン
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 32563

グリーン革命(下)
グリーン革命(下)
posted with amazlet at 10.06.01
トーマス・フリードマン
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 66018

  • [2010/06/01 20:12]
  • 書評 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。