スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

QRコード 

DoCoMoのQRコード対応機種の契約がもうじき2000万台に到達。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/mobile/articles/0502/25/news096.html


QRコードとは、いわゆる「二次元バーコード」と呼ばれているマークのこと。
# 厳密には違うけど

よく使われるシーンは、QRコードに埋められているURL情報を利用して、携帯電話で特定URLのWebブラウズを促すことかな。
それ以外にも名前や電話番号、メールアドレス等をQRコードから取得でき、簡単に友達の情報をアドレス帳に登録ができたりと。
こちらの利用の方が多いのかもしれない。

携帯電話でQRコードから情報を取得する流れは以下の通り。
 1. カメラでの撮影やメールで画像を受信するなどで、携帯電話にQRコードの画像を取り込む
 2. 専用のアプリでQRコードを解析
 3. URLや個人の情報を取り出す
 4. 取り出した情報の活用。つまり、URLへのアクセスや電話帳への情報登録など

QRコードを一度も利用したことがないため、2あたりは本当にこれでいいのか不明だけども。
すでにQRコードを入れた名刺や、QRコードを隅に印刷したパンフレットを持っていますし、普及は進んでいるようで。
文字入力系統が貧弱な携帯電話にとって、アナログな印刷データからデジタル情報を取り出せるのは強力だよなぁと思う。

で、このニュースをblogのネタにするかーと思いたったはいいものの、持っていたのは上記程度の知識のみ。
もう少し調べてみようと思い立ち、ちょこっとQRコードについて検索してみることに。

・・・携帯の3大キャリアで仕様違うのかよ!
携帯電話でURL情報や個人情報を扱うQRコードの仕様は統一されてるもんだと思ってた。
QRコードに限らず、DVDや動画のエンコード方式など多くの場面で仕様の乱立が見られる昨今。
だれかリーダーシップを取ってまとめまくってください。;;

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。