スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

Thunderbird nightly build 

Thunderbirdの次期バージョン1.1にある、メール自動転送機能の話。

これまで会社から大学のメールが読めなくて困っていた。
大学側のPOPサーバがSSLのみを許容しているのだが、会社からはSSLデフォルトの995番ポートが空いていないためである。

この状況をどうにか打破できないかなーと、かねてから思っていた。
Webメールとか自動転送設定とか、大学内のサーバ側でどうにかならないかなーと思ってたんだけど、さすがに文句はいいづらく。
学校内にて普通に受信したメールを自動的に転送してくれれば問題ないじゃないか!と思いついた。
単純なことなんだけど・・・フリーソフトでSSL対応の自動転送ソフトがないし。orz
# 調べ方が足りないだけかも

そもそもThunderbirdの拡張にあったりして、と思い立ち、検索してみたところ。
どうやら次バージョンである、Thunderbird1.1のメッセージフィルタで設定できるようになるらしい。
残念ながら今のThunderbirdは1.0xなので1.1の正式版はなく。
本家サイトにnightly buildあるかなと思って探してみたら、ありました。
 http://www.mozilla.org/developer/
の下のほう。

フィルタ設定を見ると、ちゃんと「Forward to:」の項目があったので、早速全メールを対象にして設定。
で、「Run now」!

・・・・ってしまったぁぁっぁあ!

今まで受信してたメール全部を転送し始める雷鳥。
セキュリティを学びにいってるのに、スパムを送っているかのような状態に。;;
なんとか止めて・・・助かったー・・・。
(すでに60通以上転送してたけど)

と思っていたのもつかの間。
フィルタの自動転送機能でも有効になる余計な機能がありやがった!
それはというと、メール作成の際、BCCに自分のアドレスを自動付加する設定。
つまり、さっきスパムかのように送ったメールが全部送信元(自分自身)にも届いて・・・。
当然、転送設定したフィルタがまた発動。

 →無限ループ

うわああああああああああああああああああああああああああああああ。
何とか止めたけど・・・正直あせった。
やばいやばい、設定によっては無限に転送しつづけちゃうよ、これ。
なんか対策必要じゃないのか??・・こんなことやらかすの自分だけかもしれないけど。

そんなわけで自分にとっては、nightly build ってか、nightmare build でした。orz

結局はBCC設定を外して、転送設定だけ残しておきました。
紆余曲折はあったけど、メールの自動転送だけは実現できたのでよかったということにしよう・・。^^;
  • [2005/07/29 12:01]
  • IT関連 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。