スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

タイピングの音によるキーロガー 

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0509/14/news066.html
おっかねー!タイピングの音から、どのキーが押下されたかを判別しちゃうらしいですよ。

論文に目を通したところ、典型的な音声認識手法を使っている模様。
キーボード押下だと、周波数成分よりパワー(音量)の方が重要なんじゃないかなーと思ったりはしたけど。
ただ、この手法でパスワードが盗まれる場面はなかなか無いと思う。
打鍵音を認識する条件として

  1. 認識対象者にばれないよう、打鍵音を拾うマイクを設置する必要がある
  2. 10分程度、認識対象者の打鍵音を学習する必要がある
     音声だけではなく、「何をタイプしているか」の正解文も必要
    技術と根気があれば、暗号解読手法のように言語的な確率で正解文を導出できるかもしれない
  3. ランダム文字列のパスワードには、言語モデルが適用できない(むしろ邪魔をする)
     とはいえ、パスワードを英単語のような定型句にしている人は多そう
     それ以前に、パスワードは短すぎて言語モデルが使えないかもしれない



このようにハードルがいくつかあるとはいえ、予想だにしない盗聴手法であることには違いない。
ネタ兼知識として知っておくのはよいかも。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。