スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

英語のお勉強 

梅田望夫さんが英語勉強法について触れている。
http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20051009/p1
http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20051010/p1
http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20051011/p1

重みのあるお言葉。
常々、英語を勉強しなきゃな~と思っている。
しかし、一日を普通に過ごすと英語に接する機会はほぼ皆無であり、意識しないと勉強時間を設けることすらしない。
正直、意識が足りないと自分でも思う。^^;

たまーに、本当にごくたまーに取り入れている英語の勉強といえば 教育放送のtarget=_blank>「100語でスタート!英会話」 を眺めてみたり 英語の技術文書や論文を読むくらいだろうか。
「100語でスタート!英会話」は、かなりレベルを落とした番組だけど、英語力が極めて乏しい私にとっては勉強になる。
# そもそも基本単語力が乏しすぎるんだよね。

いわゆる受験勉強をしたことがないので・・ 梅田さんの記事を読んでいると、やる気がないとなかなか成長しないんだろうなぁと感じる。
IT業界に身をおく私としては、IT分野の英語文献はすらすら読んで、英語の講演を生音声で聞けるくらいにはなりたい。話せればもっといいんだけど。

その通りだなぁと納得した点。
●日本語で説明できるようにちゃんと理解して、第三者に理解してもらえるような説明を、自分なりに日本語で出来るように。日本語で説明できないものを英語で説明するのは土台無理。
●自己紹介や想定される質問に対する準備定番の形や予想できるやりとりについては、予め準備をしておく。英語、日本語を問わず定型文は暗記してしまうのがよいのだろう。

今思うと、W3Cの文書って技術の勉強にもなる上に、英語の勉強にもなるよなーとか思った。
W3Cに限らず、たいていの技術は英語の文書が先に出来上がるんだから、最新技術に目を向けて文書を漁るようにすればいいのかね。

最近、世を騒がせているPodcastでも英語のコンテンツは人気のようだ。
アルクがPodcast対応のコンテンツ配信開始 http://podcast.alc.co.jp/

朝の混雑している電車だと、集中して聞くこともできるから、英語のヒアリングにあてても良いかもしれない。
梅田さんが記しているように、オンラインには質の高い英語のコンテンツがごろごろあるんだから、それを聴いてもいいかもな~。
http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20051011/p1
問題は、恐らくほとんど(99%)理解できないだろうという点なんだが。w
  • [2005/11/08 20:25]
  • 雑記 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。