スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

Robert Sabuda氏の飛び出す絵本をプレゼントに 

先日、同期が退社するとのことで送別会が開かれました。
早いもので、入社してもうすぐ2年が経とうとしてるんだなぁと
感慨深いものがあります。

送り出す側で用意したプレゼントは花束と絵本。
花束は定番ではありますが、会社の近くの花屋さんに用途と値段だけ伝えて予約。
花って高価なイメージが先行していて、相場がよく分からなかったんですが
同期のアドバイスを元に3,000円で注文したところ、よい感じに仕上げてくれました。
さすがプロフェッショナル。
どうでもいいですが、花屋さんの店員は3割増しでかわいく映ります。w

注文した花束を、あわよくば送別会を開催する居酒屋まで届けてもらおうかと
思ったんですが、営業時間が18:30までとのことで諦めることに。
事前に取りに伺い、隠しておくことで対応しました。


さて、一方の絵本。
以前、橋本大也さんのblogでチェックしていたものを提言してみました。

Passion For The Future: Encyclopedia Prehistorica Dinosaurs:Dinosaurs
http://www.ringolab.com/note/daiya/archives/003915.html


Robert Sabuda氏が作っている飛び出す絵本です。
上記エントリを読んだあと、気になっちゃって立ち読みをしに新宿紀伊国屋にまで
チェックしにいきました。^^;
実物を初めて開いたときには、あまりに出来に衝撃を受けたことを鮮明に覚えています。

知っていたのはリンク先の恐竜シリーズだけで、女性には微妙な選択かなーと
思っていたところ、他のシリーズがあるよとの情報を同期が持っており(博識だな)
店頭で他のシリーズをチェックチェック。
アリスシリーズが女の子らしくてよさそうだったので、そちらをチョイス。

初めて目にすると驚くこと間違いなしの絵本なので、たまに使うのには
よいプレゼントネタかと思います。
# 有名らしく、知っている人も多いみたいですけど


選んだプレゼントには喜んで頂けたようで、選んだ甲斐があったってもんです。
たまにしか使えないけど面白いネタって重要だ。
はてなブックマークに[life]タグでネタをスクラップしてるんだけど
今見ると我ながら面白いかもしれない。
自画自賛かよ>俺


買ったのはこの本。・・だったはず。

Alice's Adventures in Wonderland: A Pop-Up Adaptation of Lewis Carroll's Original Tale (New York Times Best Illustrated Books (Awards))
Robert Sabuda Lewis Carroll Robert Sabuda
Little Simon (2003/10)
売り上げランキング: 328

  • [2006/02/23 08:15]
  • lifehacks |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(5) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

コメント

むむむ。キミも大也氏のサイトをチェックしているのだな。
あなどれん。


___φ(゜ー゜*)フムフム

>アッキーさん
橋本大也さんの書評はいつも参考にさせていただいています。
というか、読んでる本はたいていblogで評価がよくて、自分の嗜好にあったものが多いです。^^;
mixi日記読みましたが、梅田望夫さんのblogももちろんチェックしてます!
被りまくってるかも。w
bloglinesの登録フィードを晒すと・・・
http://www.bloglines.com/public/heavyfeather

>tagっさん
女子落とし屋キター!

>花屋さんの店員は3割増しでか(ry
激しく同意。

正月に観た巫女さんは、いかにもって感じで微妙だった記憶が。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。