スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

ネクタイの結び方 

所属が研究所なので普段からスーツを着ることは少ない。
とはいえ、客先に出向く場合やフォーマルな場所に出席する場合には、やっぱりスーツを着ることもある。
どうせ着るならバシっと決めたい!というわけで、ネクタイの結び方。

ネクタイの結び方
http://www.tieknot.com/nekutai.html


これ全部をささっと実演できたら格好よいかもしれない。

社会人になったんだから少しは見栄えのするネクタイを買おうかなと、以前に思ったことがあった。(要はブランド物)
しかし、なんといっても着る機会が少なすぎて、ずるずると時は経ち・・・今に至る。
結局、仕事でもカジュアルウェアだから、私服に金かけた方が露出の機会が多くてよい気がするわけだ。

森博嗣さんのブログに「ブランドもの」というエントリがあって、その中でこんなことを仰っていた。

高いものは、着る回数が明らかに多く、耐久性があるので、使用回数で割り算したら、ほとんど同じなのでは、と思える。もし同じならば、エコである。
MORI LOG ACADEMY


その通りかも。ブランド物を着ないので実感は伴わないのだけど。
ものぐさな自分にとっては、買い換える回数が減るのも楽でよいかもしれない。^^;

しかし、ブランド物を着用したまま塗装を始めちゃうあたりはさすが森先生、と思った。w

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。