スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

[映画]エミリーローズ 

悪魔憑きの話である。
悪魔憑きの映画といえばエクソシストがすぐに思いつくが、本作は焦点の置き方が違う。
エクソシストが悪魔憑きの怖さにフォーカスしているのに対し、エミリーローズは悪魔という存在を法がどう扱うのかという法廷劇にフォーカスしている。
実際にドイツで起こった事件を元にした脚本らしい。

19歳の少女エミリーが死を遂げた原因が悪魔払いにあるとして、儀式を行った神父に対して法が裁きを下す。
1970年前後という時代背景や宗教観などを踏まえて考えると、法がどのように事件を扱うのかはとても興味深い。
仏教が根付く日本に住んでいると理解が及ばない範囲も多そうではあるが、考えさせられる部分は多かった。

悪魔憑きと法廷劇の両方を扱っているため、若干忙しない感じを受けるが、内容は十分理解できるので問題は無い。
単なるホラーかと思っていたら、とても面白い作品で楽しめた。


エミリー・ローズ デラックス・コレクターズ・エディション
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2006/07/19)

  • [2006/07/23 23:40]
  • 書評 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。