スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

[読書]ブレイブストーリー 

映画にもなった宮部みゆきのファンタジー。
今回読んだのは四巻構成の文庫本だが、単行本では三巻構成だった模様。

ファンタジーの王道をいくあらすじは分かりやすい。
対象年齢を若年層に設定しているのか、難しい表現を避けた文章が印象的だった。

一巻目は物語の導入。
丸々一冊を使っての導入なので、えらく厚い下地を引くなぁと。
その分、感情移入がしやすいのだろうとは思いますが。

残り三冊は、これぞファンタジーと思わせる内容。
人間以外の種族が沢山出てきたり、ファンタジー定番のドラゴンなど、空想の膨らむ設定がてんこ盛り。
主人公のワタルは男の子なわけだが、どのように成長していくのか注目しながら読むと面白い。
ややこしい設定やひねりも少ないので、手軽に読めるファンタジーとしてオススメ。

宮部みゆきのファンタジーといえば、「RPG」も以前から読んでみたいと思っているのだけど、なかなか積読が解消されず・・・今に至る。


ブレイブ・ストーリー (1) 幽霊ビル
宮部 みゆき
角川書店 (2006/05/31)


ブレイブ・ストーリー (2) 幻界
ブレイブ・ストーリー (3) 再会
ブレイブ・ストーリー (4) 運命の塔

  • [2006/08/21 08:22]
  • 書評 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(4) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

コメント

RPGはファンタジーじゃないw

あれ、「RPG」はファンタジーじゃないのか。
どっかで仮想世界にどっぷりな話とかって聞いた気が。
仮想世界の話じゃなくて、仮想世界を扱った話なのかな。よくわからず。
そのうち読んでみます。

仮想世界っていうか仮想社会。
インターネットの世界に絡んだお話ですyp
小品だけどまぁ悪くは…ないのかな?
火車よりはさすがに落ちるけど模倣犯よりは上みたいな。

ほうほう。そうなのか。
火車はいいよね。模倣犯は映画でだけしかみたことないです。中居くんの演技が(ある意味)素敵でした。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。