スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

GoogleがYouTubeを買収したのは意外だった 

GoogleがYouTubeを16億5千万ドルで買収した。
もともとユーザ投稿型のビデオ共有サービスとしてGoogle Videoを持っていたため、YouTubeを買ったのは、個人的には意外だった。
もろ被りの競合サービスを買収することは、今まで無かった気がする。

私が抱いていたイメージでは、競合があれば、それを凌駕するものを自らの技術力ですぐにサービス展開してしまうのがGoogle。
もしくは、keyholeやwritely、urchin等のように、現在のサービスを拡充するための買収を行い、さらに充実したサービスを打ち出す。
しかしながら、今回の買収は現在のサービスの拡充ではなく、置き換えになってしまいそうに見える。

YouTubeは単純に言えば、ユーザから投稿された動画を掲載するサービスなわけだが、blogなどの外部サイトから動画への直接リンクを、いち早く許したのが巧みだった。
動画の形式にはFlashを採用、さらに画質を抑える代わりにレスポンスのよさを選択した点も、ユーザ参入の障壁を低くした。
これら試みは大成功を納め、YouTubeは多数のユーザを獲得し、動画投稿・共有サイトのデファクトとなるに至った。
Googleは、これらの巧みな流通システムを買収したと考えれば、ある意味、現サービスの拡充とも取れるのかもしれない。

一方、YouTubeは著作権を無視した動画投稿に事後対応するという姿勢を貫いているため、グレーなイメージが強い。
さらに未だ黒字には至っておらず、ビジネスモデルも定まっていないサービスである。
そんなYouTubeを、今買うという決断をするあたりには、Googleらしさが出ているのかもしれない。
今回の買収が、英断になればよいのだけど。

YouTubeが一番凄いのは、(今のところ)障害を巧みにかわし続け、グレーゾーンを走り続けられている点なのかもしれない。
Webサービスにおいては先行優位性がかなり強いなと私は思っているのだけど、YouTubeはその点では大成功を収めたと言えるでしょう。
Googleに取り込まれることで、今後どのようなビジネスモデルを確立し、他サービスとの連携を図って行くのか、注目したいところです。
# とりあえずGoogleの広告は掲載されそうだな。^^;


参考

Google Press Center: Press Release
http://www.google.com/press/pressrel/google_youtube.html


YouTube - A Message From Chad and Steve
http://www.youtube.com/watch?v=QCVxQ_3Ejkg


ユーチューブ買収は成功するか--過去のネット企業買収を振り返る - CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20266088,00.htm


10/12 追加
Futurevolution: GoogleがYouTube買収
http://danpaleta.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/googleyoutube_ffa9.html
  • [2006/10/11 12:49]
  • Web |
  • トラックバック(1) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

GoogleがYouTube買収

ネタだと思っていたけど、本当に買収するとはね…… と書いたのも、買収したのが様々
  • [2006/10/12 02:00]
  • URL |
  • Futurevolution |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。