スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

[読書]テレビCM崩壊 その2 

●CMからの誘導
最近のTVCMにみられる傾向の一つに、インターネットへの誘導がある。
有名どころとして、Life Cardのオダギリジョー出演のCMが挙げられる。
「続きはWEBで」としておいて、CMの続きのストーリーをインターネットで動画配信しているものだ。
この広告が巧いのは、TVCMだけを観ても楽しめる点と、インターネットではマルチストーリーになっている点だと思う。
特に前者が重要で、誘導のためには、視聴者が気になってしまうCMを作るのことが最も重要なポイントだろう。

このように、広告から検索させる手法が多く見られるようになってきた。
TVCMだけではなく、電車内の広告にも多い。
これらの広告は検索させることでマーケティングサイトへ誘導を図っているわけだが、正直、個人的には懐疑的な印象のある手法だ。
しかし、この方式のTVCMを観て、実際に検索を行うユーザは3割いるという結果があったり・・まじですか・・。
(Webアンケートであることと、恐らく興味のあるユーザが回答している点に注意が必要)

この手法で、ちょっと怖いなと思うのは、SEOスパム等によりフィッシングサイトへの誘導が行われる可能性があることだろうか。
特定のキーワードで検索を行わせるため、悪意ある業者がSEOスパム等の手法で、検索結果の上位にフィッシングサイトが来るように仕込むことが不可能ではないはずだ。
逆に、広告を打つ側としては、検索結果のトップに、キャンペーンサイトが出てくるように準備をしておかなくてはならない。


閑話休題。
最近では携帯電話をいじりながらテレビ番組を視聴するというスタイルが出来つつあるらしい。特に若年層で。
そのような人たちが手に持っている携帯電話を利用してもらい、検索への誘導をすれば、CMとWebがうまくつながるかもしれない。
特にGoogleやYahooがモバイル検索へ参入した今、テレビを見ているときに手の中にある携帯電話を使わせる、といった番組作りはありじゃないだろうか。
これを考えると、モバイル向けのリッチなサイトは今後需要が高まりそうだ。

加えて、PCの前にいながらテレビも見ているという人も、そこそこ居そうな気がする。
昔は2ちゃんねるの中継(ライブ?)板を見たこともあったが、同じ番組を観ている人たちと一緒に盛り上がれるのは楽しそうだ。
TV+PC, mobileでインタラクティブなコンテンツが展開できれば、バイラルマーケティングも展開しやすいはず。
まずは、パブリックビューのように感情を共有するところからスタートし、その延長で購入活動に結び付けられれば、大成功だろう。

私は、テレビ視聴の文化が急に崩壊するわけではないのだから、絶望しすぎることはないだろうと思う。
従来の視聴者が、インターネット等の他メディアへ移動してしまうことは止められないだろうが、親和性に気を配れば共存も可能なはず。
また従来のTVCMに比べれば、インターネット向けの広告は、お金をかけずとも工夫次第で十分効果のあがる広告が作れる気がする。
チープ革命に便乗することも重要ではないだろうか。


参考
Japan.internet.com デイリーリサーチ - CM 視聴者の3割が実際に検索、最近流行の「○○で検索してください」
http://japan.internet.com/research/20061003/1.html


ITmedia エンタープライズ:URLを意識しなくなる日 (1/3)
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0610/16/news023.html
  • [2006/10/19 20:11]
  • 書評 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。