スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

研究室訪問 

先日エントリしたとおり、リクルータ対応で母校へ訪れたわけですが。
お仕事の後は、お世話になっていた研究室へ訪問したわけです。
3年近く訪れていないので、知っているのはもはや博士課程へ進学した同級生のみ。
まずは先生のところへ行ってみると・・・ミーティング中。orz

「暫く待っていて」ということだったので、同級生へ挨拶にいくことに。

ミーティングをしている部屋から50mほど行ったところに、学生が集まっている部屋がある。
恐る恐る扉を開けると・・・だいぶ雰囲気が変わっている!
自分が現役のころは修士学生のみがゆったりスペースのL字机を使っていたのだけど、今はもう全員がL字机。
スペースを限界まで使っている印象で、なんというか圧迫感のある部屋へ変貌していた。^^;
修論提出間近ということもあってか、部屋の中では学生さん同士で議論をしていたりと、自分がいたころとは打って変わって真面目な雰囲気!
そんなわけで居場所が無い感じだったのですが、博士3年の同級さんにかまってもらい、暫くお喋りに興じました。
アカデミックな道は大変だなーと痛感し、自分には無理だと確信。w

さて、子一時間ほど経過し、そろそろミーティングも終わってるだろうと向かってみると・・・終わってねー。orz
相変わらず炎上すると終わりが見えないミーティング。懐かしい。w
さすがにこれ以上待ち続けるのもなんだったので、簡単に挨拶をして、お土産を渡して訪問は終了。
結局5分も話さなかった気が。^^;
なんだか消化不良の研究室訪問であった。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。