スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

[読書]捩れ屋敷の利鈍 

森博嗣著。Vシリーズ第7巻である。
はじめ、タイトルが読めずに困った。^^;
読みは「ねじれやしきのりどん」。
利鈍とは「賢い」ことと「愚か」なことの両方をさした言葉だ。(辞書引いて知った)
ちなみに英字タイトルの「The Riddle in Torsional Nest」の“Riddle”にも係っているのだろう。
Riddle = 謎を掛ける、の意。

作中には、理系らしい装置が盛りだくさん。
森博嗣の真骨頂、理系ミステリィの地を行った作品に仕上がっている。

そして、この作品では懐かしいキャラが登場。
S&Mシリーズを読んでいないと懐かしくもなんともないのだが。^^;
今後、S&MとVシリーズがどのように絡み合って行くか、楽しみにさせられる一冊です。


捩れ屋敷の利鈍
捩れ屋敷の利鈍
posted with amazlet on 07.03.16
森 博嗣
講談社 (2002/01)
売り上げランキング: 198435

  • [2007/03/16 08:34]
  • 書評 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。