スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

第三回オールアマ囲碁大会へ行ってきた 

3/11は囲碁大会でした。
事前にリハビリをしておこうと思っていたにも関わらず、全く碁に触れる機会を作らないまま当日になったという・・。w

当日はあいにくの雨・・・というか大雨。;;
服を濡らしながら駅に向かい、なんとか大会会場である日本棋院の最寄り駅、市ヶ谷へ到着。
5人で挑む団体戦なので、チームメンバーの面々と合流し、会場へ向かう。
会場は思ったよりも広く、チームの総合実力別にA~C級+無差別級というクラス分けがなされいていた。
ちなみに私のいたチームはB級に参加。私は三将をつとめる。
また、周りのチームを見る限り、やはり年配の方が多い。
若年層への普及はまだまだ進んでいないのかなぁ、なんて囲碁界の行く末が心配になったり。
あ、でも、参加者のごく一部ではありますが、外人さんがいたり(しかも強いAチーム)、小学生らしきお子様もいました。

そんな中、冒頭の挨拶もそこそこに(誰も聞いてなかったw)、大局開始。
大会の大まかな流れは、前半のリーグ戦(三回戦)から上位数チームを選出。
選ばれたチームが後半のトーナメントへ進出し、優勝を争う。といったもの。
結論から言うと、自分のチームはリーグ戦で2勝1敗。トーナメントには進出できなかった。
恐らく、全勝じゃないとトーナメント進出は無理だったんじゃないかな。

さて、各対局を振り返っておこう。
【一回戦】
相手チーム:囲碁サロン開催の囲碁教室に通うご婦人
相手チームの三将は申請棋力が同じ初段だったため、互い戦。ニギって頂き、私は白番に決定。
序盤はお互いに地を取り合い穏やかな布石。
黒がやや走っているかなーと、不安になりつつ打ち進める。
しかし、途中から相手の弱い石を二分して割いて出るという、よい流れに。
終盤、大石を仕留めたか・・?という頃に、自ダメを詰める大悪手を打ってしまい、混沌とした攻め合い。
自分の石は眼あり、相手の石は眼無しの状態ながら外ダメの関係でかなり際どい・・・。
互いに必死のヨミを入れながら打ち進め、最後は相手の悪手に救われたところもあって、なんとか勝利。
中盤以降は激しいことになった・・。

【二回戦】
相手チーム:どこかの会社の囲碁部?
相手チームの三将は二段だったので、手合いは先。
この一局は酷かった。
序盤でポカをやらかして、思わず「あ・・・・。」って声を出してしまった。
その時点で終わっていた感が濃厚なんだけど、序盤過ぎたので打ち進めることに。
手抜き手抜きで必死にすがるも、最後は咎められて大石が頓死。
忘れたい一局になりました。w

【三回戦】
相手チーム:どこかの会社の囲碁部?
相手チームの三将は三段だったので、二子局。
いきなり定石からハメ手っぽいのをくらう。
でも有名定石だからハマった方が悪いという・・。
中盤は鍔迫り合いの繰り返し、といった感じで火花が散ったものの、最後には収束。
ずるずると差を縮められていたけど、最後は2目残して勝利。あぶない。
ハマった事に加え、最後時間がなくて着手が乱れてしまい、だいぶヨセられ焦った焦った。

こんな感じで、個人成績は2勝1敗。
内容的にはリハビリが必要です、といった感じか。^^;
何にせよ、久しぶりに囲碁漬けの一日だったので、楽しかったー。

夜は同じチームの皆さんとロシア料理を食べて解散。
ピロシキがやたらと美味かった。
  • [2007/03/23 08:25]
  • 囲碁 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(2) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

コメント

まだやってたのか( ̄□ ̄)!!

当たり前!
あ、でも大学時代より碁に触れている時間はぐっと減りましたけど・・・。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。