スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

[映画]明日、君がいない 

大分前だけど、映画を見に行く機会と、某映画評論のサイトで高評価されていたタイミングが合致し、表題タイトルをチョイスして鑑賞してきた。
場所は CQN@渋谷。
初めて行った映画館だったけど、駅から近いし、土曜日なのに空いててよかった。
座席の配置に高低差が少なく、かわりにスクリーンが高い位置に設置されており、上映中は見上げる感じになってしまう。
それがやや疲れたかな。
シネマコンプレックス系の大型劇場で鑑賞する機会が多いため、その辺りは新鮮な感覚だった。


さて、内容はというと、海外の高校が舞台。
冒頭でいきなり、“だれか”が自殺するシーンが描かれる。
あくまで誰かは分からないのがミソで、そのシーンから時間を遡り、一体誰が??と頭を悩ませながら観ることになる。
複数人のストーリーを絡ませながら、全体の時間が流れてゆくのだけど、各々のストーリーがハードでディープ、描写も生々しかったり。
そのため、気軽に女の子を誘って見に行くような映画ではないと思う。^^;

新鋭監督の作品ということで、ストーリーだけではなく、描写や構成など感覚の新鮮さが伝わってきて面白かった。
そもそも監督の実体験に基づく話らしく、生々しさを感じつつ鑑賞。
最後のタネ明かしは意外ではあるものの、ある意味納得のいくオチだったし、考えさせられる部分もあってよかった。

この映画、原題は「2:37」らしく、邦訳に際してだいぶ意味合いが違っちゃってるような。
配給元の意向で日本人向けにアレンジしたってことだろうか。


参考:
超映画批評『明日、君がいない』97点(100点満点中)
http://movie.maeda-y.com/movie/00895.htm


明日、君がいない
http://www.kimigainai.com/

  • [2007/06/15 00:33]
  • 書評 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。