スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

[読書]グラデュエーション デイ ― 未来を変える24のメッセージ 

著名人を卒業式に招いてスピーチをいただく、といった場面はよくある。
本書は、アメリカの様々な大学で各界著名人が残したスピーチを収めた本である。
総勢24人のスピーチが収められ、印象的なフレーズは原文(英語)と日本語訳が同時に示されている。
大学を卒業し、社会人としての第一歩を踏みだそうといった場面で、一読するとすごくためになりそうな一冊。

少し残念だなと思ったのは、各スピーカの人物像、時代背景等の説明があまりなく、いきなりスピーチの紹介が始まるところ。
このあたりが充実していると凄くおもしろい内容になりそうだ。

また、本を開く前は、2000年以降の新しいスピーチを期待していたのだけど、1990年代の講演が多かった。
しかしその分、10~20年前のアメリカの動きが把握できた点はよかった。
なんといってもアメリカが世界で最大の経済国になり、中でもITに力を入れ始めるころだから。
とはいえその年代のスピーチだけではなく、2006年のティム・オライリーのスピーチや、第二次大戦後まもなくの講演も含まれていたりと幅広く楽しめる。

第一の読後感としては、原文に触れたくなる。
英語で読んでみたくなるし、元のスピーチを聴きたくなるのだ。
それだけ重みのあるスピーチが多数含まれていた。


最後に、作中で印象に残ったスピーカと講演内容のメモをピックアップしておく。

  • ティム・オライリー
    2006年のスピーチ。
    ITのあり方を示唆してくれる。
    「自分が通過することで、ほんの少しでもこの世界をよいものにしておく」というのは、未来を見据えて行動するよい指針になる。

  • ジョン・F・ケネディ
    キューバ危機を乗り越えた大統領のスピーチとして重みがあった。
    冷戦の世を語った内容である。
    キューバ危機を描いた映画「13デイズ」を思い出した。

  • ベン・アンド・ジェリー
    ビジネスのあり方と思想を教示してくれる。
    ビジネスでは組織された人間のエネルギーとお金の組み合わせがもっとも大切。
    それを最大にするにはどうしたらいいのだろう。
    「最大の敵は利己主義」というのは、「自分の小さな箱から抜け出す方法」も参考になる。
    また、今の世でもっとも大きな力がビジネスだというのは、そうかもしれない。
    昔は宗教の力が強く、次は政府関係、そして現在は商業(経済)が強い。

  • ビル・クリントン
    教育のありかたに関して、アメリカ政府の考え方を示している。
    地球規模での視点や、可能性の時代への意気込みは頼もしい。
    (可能性の時代、というのは誰もが可能性に挑戦できる世界を指す)

  • ロス・ペロー
    大富豪のお方で、「与える」という視点を述べている。
    社会へ出てからの振る舞いについて参考になるスピーチ。
    大学卒業のタイミングで聞けるとうれしい内容だなぁと思った。

  • ジョージ・C・マーシャル
    第二次大戦後のヨーロッパ荒廃の様子を述べている。
    そんな時代の中で、アメリカはどうしていくべきなのか。
    国境を越えた共存関係を考えさせられる。地球規模の視点。

  • グロリア・スタイネム
    時代背景を踏まえると考えさせられるスピーチ。
    もはや性別や人種で区別する時代ではなく、人間主義の時代なんだよ、といった内容。



グラデュエーション デイ―未来を変える24のメッセージ
Amazonで購入
livedoor BOOKS
書評/歴史・記録(NF)

  • [2007/08/10 08:26]
  • 書評 |
  • トラックバック(2) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

PROMついにオープン!名前の由来は・・・

「グラデュエーション デイ~未来を変える24のメッセージ~」公式ブログ PROM
  • [2007/08/10 14:10]
  • URL |
  • グラデュエーション デイ 公式ブログ プロム |
  • TOP ▲

世界を意識した造形美グロリア2000(332型)

メーカー名日産車種名グロリア グレード名2000SGL-E年式昭和54年式 走行距離114000キロ車検有効期限18年7月 ボディタイプ4ドアハードトップ色カッパーブラウン 修復歴なし定期点検簿 引渡し条件現状・登録OK所有者履歴 ミッションフロアオートマ右ハンドル○エアコン○CD-
  • [2007/08/18 10:13]
  • URL |
  • グロリアを... |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。