スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

[読書]次世代広告テクノロジー 

タイトル通り、近未来を見据えた広告の考察や商材、動向がふんだんに盛り込まれている。
現在進行形で広告絡みのプロジェクトを担当しているため、凄く刺激的で参考になる部分が多かった。
「時事通信テクノロジーセミナー」というイベントでの講演を元にまとめられているので、各社の取り組みや意見がまとまっているのがよいところ。
逆から見れば、各講演が独立しているがために話題が広範に及び、散漫とした印象もある。

タイトルにテクノロジが入っているだけあって、ほとんどがWeb上での広告の話だった。(不満があるわけではない)
ただ、個人的な印象としてはテクノロジというよりは、これまでとは切り口を変えた戦略が沢山紹介されていた印象。
特に従来のマスメディアとは異なる、Webというメディアの性質を活かした戦略が印象的だった。

この本は織田浩一、高広伯彦、須田伸の共著となっている。
お三方ともに広告業界のカリスマ的存在(らしいの)だが、自分にとって特に印象的なのは「テレビCM崩壊」の織田氏。
現在もアメリカに拠点を置いて、広告業界の潮流を直に感じているようだ。
本著の中で触れている事柄も、グローバルな視点で語っていて参考になる部分が多い。


いま、Webの広告と言われると、Google AdWords/AdSenseプログラムを連想する人が多いように思う。
そのビジネスモデルは、ターゲットが使うであろうキーワードに対して、広告主が入札を行う。
入札金額が多ければそれだけ広告の露出する機会が増えるため、人気のキーワードの価格はどんどん上がっていく。
Googleのリーチする範囲を考えれば、これだけでも儲かりそうなものだが、Googleは単にキーワードを売っているわけではない。
想定ターゲットが何らかの行動をする場合に、どのようなキーワードを使って検索行動をするのかを考え抜くのが肝なのだ。
高広氏はこの辺りを強く訴えていた。

このような検索エンジン連動型の広告は、現在のWeb広告のスタンダードになっている。
しかし現在、各所で開発が進められているWeb広告のあり方は多様である。
例えば、サイト内でのユーザ行動履歴を活用して提示する広告(行動ターゲティング)や、ゲーム内のバーチャル空間で提示する広告(ゲーム内広告)などなど。
ビヘイビアマッチとコンテンツマッチどの間には、ユーザ自身に着目するのか、それともユーザが触れているものに着目するかの違いがあって面白い。
どこまでを機械的に処理するか、ともいえるわけで、上述した広告営業さん達がターゲットの行動を考える、ってのはターゲットそのものについては人間がカバーしているわけだ。
(ある意味Googleらしくない)

これからもターゲティング手法の開発がどんどん進められて、恐らくターゲティング手法の細分化が図られていくのだろう。
コンテンツやビヘイビアに加え、ターゲティング材料の及ぶ範囲はどんどん包括的なものになっていくのだと思う。
Web2.0の成功事例としてよく言われる、バイラル効果を促進するための広告とか、興味があるけど凄く難しそう。

本書の最後には、著者の三人による談話があるのだけど、その中に以前から自分でも悶々と考えていたことが触れられていた。
その内容は、ターゲティングが進みすぎると、提示する情報が面白みのない淡白なものに陥ってしまうのではないかという懸念。
業界第一人者の口から語られていたことは素直に嬉しかった。

新聞で目的の記事を読んでいるときに、紙面にある他の記事が目に飛び込んできて、関連は薄いけど思わずそっちも読んじゃう、といった感覚。
浅く広く興味を喚起することが、ユーザにとっての意外性のツボを押すことに繋がり、面白い情報提示手法に繋がるんじゃないかな、と以前から考えているのでした。
# ぼんやり考えているレベルで、実際の形を想像できないのがなんともはや

多くのWebビジネスにおいて収益の要になっている広告。
これからも進化を遂げていくであろう広告ビジネスについて、今現在の状況を知るためにはよい一冊。


参考:
[読書]テレビCM崩壊 (自分の読書メモ)
http://heavyfeather.blog38.fc2.com/blog-entry-577.html
http://heavyfeather.blog38.fc2.com/blog-entry-578.html
http://heavyfeather.blog38.fc2.com/blog-entry-579.html



次世代広告テクノロジー
Amazonで購入
livedoor BOOKS
書評/ビジネス

  • [2007/09/26 11:53]
  • 書評 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。