スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

ASIMOの2007年モデル 

ASIMOの2007年モデルに搭載されている、テクノロジが紹介されている。

ASIMO | テクノロジー | ヒューマノイドロボット開発の歴史
http://www.honda.co.jp/ASIMO/newmodel/2007/



掲載されている動画を見てみたけど、ASIMO同士のすれ違いは、若干挙動不審。w
しかし、ロボット工学もスゴイ勢いでの進化してるなぁ。
10~20年後くらいには、HONDAはロボットの会社として認知されるようになってるかも!


参考:
ASIMOが一部の人間より賢くなりはじめました : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン)
http://www.gizmodo.jp/2007/12/asimo_2.html

コメント

あーーじれったい!^^;

結構うけちゃった。。すっごい挙動不審だし。

でも、やっぱだめだなぁ、、ヒューマノイド的なものは。。
これがオフィスを歩いてたらかなりドキドキするよ、、すごい不気味。。何考えてるんだ!?みたいなw
もっと機械的なインターフェースにしてくれないと安心して接せられない気がするのは俺だけ。。?

お、ヨウちゃんだ。こちらでもヨロシク。

挙動不審さは際立ってるよね。^^;
オフィスを歩いていて不気味に感じちゃうのがジェネレーションギャップだと、将来語られるわけです。w

インタフェースをあえて機械的に据え置くってのは、ある意味ユニバーサルデザインなのかもしれない。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。