スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

[読書]四季 秋 

森博嗣、四季シリーズ第3巻。

この巻以降は、S&Mシリーズとの関連が深くなる。
西之園萌絵は大学院生になり、犀川研究室での生活を続けている。
その萌絵が憧れる犀川創平といえば、真賀田四季の才能に対し羨望の念を抱いているのだった。
そんな姿に萌絵は複雑な想いを抱きながらも、二人はつきつはなれつの生活を送っている。

森博嗣のデビュー作「すべてがFになる」を読んでいると、そこまでの経緯が理解できる。
四季の生活ががらっと変わる部分でもあって、スピーディな展開だ。


四季 秋 (講談社文庫)
四季 秋 (講談社文庫)
posted with amazlet at 09.05.20
森 博嗣
講談社
売り上げランキング: 79958

  • [2008/01/15 08:24]
  • 書評 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。