スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

ソフトバンクの学割ホワイトと、勝手サイトフィルタリング政策 

未成年の携帯利用に関し、コミュニティ機能のあるモバイル勝手サイトを原則フィルタリングしましょう、という動きがある。

総務省(報道資料)
http://www.soumu.go.jp/s-news/2006/061120_1.html



で、つい先日、ソフトバンクの学割ホワイト発表。

プレスリリース2007年度 | ソフトバンクモバイル株式会社
http://www.softbankmobile.co.jp/corporate/news/press/2007/20080121_02/



学割ホワイトって、ヘビーユースしなければ、かなり安価なので学生に普及する可能性はある。
今は親御さん名義での契約もそれなりに多いと思うのだけど、それらが学生自身の名義になってフィルタリング該当端末になると。
総務省の方針に単純に従うと、若年層向けモバイル勝手サイトは淘汰の方向に向かうかもしれない。
(二回線目の携帯電話、という手段に落ち着きそうな気がするけど)

運営者の受ける痛手は深刻になるかもなぁ。
現に、総務省の方針発表があってから、DeNAは1,500億円の株式価値損失を出している。

MarkeZine:◎モバゲーを運営するDeNAの時価総額は1500億円毀損、携帯フィルタリング導入政策の大きすぎる波紋
http://markezine.jp/a/article/aid/2517.aspx



モバイルの世界って、政策やキャリアの影響をもろに受ける上、国内に関しては囲い込みの力が非常に強いので、他国から見れば異常ともいえる状態。
日本国内ってどうしてこうも縛りたがるのかな。
リテラシ教育をするのが先だろうと思うのだけど、そうもいかないらしい。
(たぶん、時間がかかるから)

最近著作権周りの動きも活発なので、そのうち言論統制→違憲!の流れで訴訟が起きそうな予感もする。
  • [2008/01/28 08:53]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。