スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

[読書]五千回の生死 

宮本輝の、とっても不思議な短編集。
各短編の設定、ストーリがとっても不思議だ。
幕引きも「あ、これでおしまいか」と妙な感覚を覚える閉幕が多い。
波が押し寄せてきて引いていく感覚というか、なんというか。いやはや。

とはいえ、情景を思い浮かべ、その中で登場人物たちが動く様子を鮮やかに思い浮かべることができる。
文章が巧いのは確かだ。

不思議な感覚を求めている人にはよい本かもしれない。


五千回の生死 (新潮文庫)
宮本 輝
新潮社
売り上げランキング: 92066

  • [2008/04/17 21:03]
  • 書評 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。