スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

[読書]情報は一冊のノートにまとめなさい 

ベーシックなアナログツールであるノートと、ITを併せて使うことで、効率的な情報管理を行いましょう、といった趣旨の一冊。
タイトルからも分かるとおり、メインに使うのはアナログのノートである。しかもA6版。
情報整理の中心にノートを据えるというのは、私の情報整理手法とは逆を行っている。
そんなわけで、主にITで情報整理を行う自分なりの視点で読んでみた。

いきなり結論を書くと、ほとんどの場面においてデジタルツールだけでもいいんじゃないかと感じた。
情報系に身を置く人であれば、ノートじゃないといけない場面には、そうそう遭遇しないと思う。
唯一弱点を書くなら、モバイル機器と無線LANスポットを準備するためには、ノートを買うよりもコストがかかることか。

筆者はノートをいつでも持ち歩き、あらゆる情報をそこに書いていくことで、インプットとアウトプットに悩む必要がなくなると言っている。
いつどこでも書き始めることができるし、索引データを作っておくことで過去の記録も簡単に辿れる、というわけだ。
ただし、ノートへのインプットを柔軟に行うためには、ペンをいつでも使えるよう配備しておくことや、付箋の活用、資料の糊付けが必要になる。
さらに索引データを作るために、PCでテキストファイルを作り、バックアップを怠らないなど、注意深く管理することを求めている。
正直なところ、これでは管理に手間を割きすぎで、情報の入出力に注力できないように思う。
加えて、少し前に使ったノートの内容を参照しようと思うと、保管場所に移動しなければならないという物理的制約も大きい。

ノートに記載することで逆に困る場合もあるだろう。
例えば会議などの議事メモをノートに書いていると、デジタルデータへの転記の手間が発生する。
デジタルデータへの加工は、ビジネスの現場で情報を共有するためには避けて通ることができない。
会議の場へのノートPC持込については議論の余地はあるだろうが、デジタルデータへの加工の負荷は思ったよりも甚大なものだ。

結局のところ情報整理の手法は、その人の身をおく環境や培ってきたノウハウに拠るところが大きい。
私の場合でいえば、職場や自宅ではすぐにPCに向かって情報を入出力できる環境が揃っているため、デジタルデータとして情報を集約することのメリットが非常に大きい。
外出している場合でも、メモ程度であれば携帯電話からメール送信、で完了である。
情報の操作は一瞬で済むし、整理の手間もほとんどかからないのに検索も一瞬、といいことづくめだ。
場合によっては整理を自動的にしてくれたり、関連する情報を引っ張ってきてもくれるだろう。

さらに信頼に足るWebサービスを利用することで、バックアップも不必要だし、場所を問わない入出力が可能になる。
Webサービス周辺の技術は着々と進化を遂げており、今ではオンライン/オフラインを問わずに閲覧・編集が可能なツールもある。
オフラインで編集したデータでも、オンラインになったときに同期してくれるのだ。
Google Gearなどは最たる例で、従来はオンライン専用のオフィスアプリケーションだったGoogle Docsを、オフラインでも利用可能にしてくれる。

以上で述べたように、私にとってノートを活用する手法が素晴らしいという点は理解しかねるものだった。
ただ、最近のビジネス現場ではノートPC持ち出し禁止やWeb接続禁止を謳った場所が多い。
そんな場所で最終的に頼りになるのはアナログツールなわけで、補助ツールとしてのノート活用手法を身につけるには、よい本なのかもしれない。
また、アナログツールの強みを知ることは、新しいサービスのヒントになりうるのも見逃せないところだろう。


情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)
情報は1冊のノートにまとめなさい
Amazonで購入
書評/ビジネス

  • [2008/05/21 15:43]
  • 書評 |
  • トラックバック(1) |
  • コメント(2) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

コメント

数式を扱えばノートのありがたみがわかるさv-225

クルム・ヌシ

確かに図式を書くときには、紙はかかせませんねー。
是非御社のアプリで解決してください。><

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

『情報は一冊のノートにまとめなさい』奥野宣之 を読んで

情報は1冊のノートにまとめなさい (Nanaブックス)100円でつくる万能「情報整理ノート」奥野 宣之 内容紹介 何冊も使い分けているから、うまくいかない! 分類・整理しても使えなければ意味がない。実際に情報を使うための「一元化」管理術。誰でも今すぐできる!ローテク?...
  • [2008/07/04 00:06]
  • URL |
  • そういうのがいいな、わたしは。(読書日記) |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。