スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

Firefox 

mozillaプロジェクトのブラウザFirefox。

IEの脆弱性がいつまでたっても発見されつづけている昨今。
次世代ブラウザはFirefoxだー!と注目されているようなので、使ってみた。

現在使っているのは、DonutRAPT
いわゆる、IEコンポーネントを使ったタブブラウザ。
同じ感じのブラウザとしては、sleipnirなんかも有名だろう。

Firefoxはといえば、タブ機能はもともと備えている。
タブ機能はOperaなんかも標準装備なわけで、特別凄いわけでもない。
では何が凄いか。
おそらく、機能を拡張できるというところだろう。
一般の開発者が、ブラウザの機能を拡張できる。
例えば、マウスジェスチャ機能を加えたり、より高機能なタブ機能にしたり。

そんな注目のFirefox。表示やら機能拡張やら、一通り設定してぷちぷちと触ってみる。
確かに使いやすいし、機能もそれなりのレベルに達していると思う。
・・・んだけど、やっぱり今までIEにどっぷりだったせいで、挙動のちょっとした違いが気になる・・。
機能もそれなりとはいえ、不満な部分はちょこちょこと。

挙動がIEと違う部分もあったり。(特にCSSあたり)
IEがブラウザの中で、95%のシェアを持っていることを考えると、IEに合わせるくらいの配慮がほしかったなぁ。
(悪い部分は淘汰するとして)
新規ブラウザとシェアを分け合ってもいいんだけど、挙動が異なるとweb関連の開発者が困るんだよね・・・。
他人ごとじゃないんだよー。。・゚・(ノД`)・゚・。

そんなわけで、近い将来苦労が待っていそうです・・・。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。