スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

[読書]農で起業する! 

元々、外資企業で営業部隊を束ねるなど、エリートサラリーマンとして活躍していたのが、筆者の杉山経昌さん。
華々しいキャリアには、得てして強いストレスがあるようで、そのストレスからの脱却として選んだのが農業の世界なんだそうだ。
本書は、その農業の道へ踏み出した体験談をまとめた一冊。

章毎に違った視点から農業の世界を書いているため、中だるみせず読めるのがよい。
中でも印象的だったのは、これまでの農業には無かった手法を沢山持ち込んでいる点だ。
収支計画を明確に出し、利益を向上させるためのビジネススキームの導入、さらに肥料を与える計画をシミュレーションしてみたりと、施策がいかにもビジネスの現場っぽくてにやりとさせられる。

農業の世界に無駄が多く見えるのは、政策の影響が強い世界であるため仕方のない部分もありそうだ。
ただ、従来はこの格差を使ってお金を生み出すビジネスも数多くあったのだろうけど、情報格差が無くなっていくにつれ業界を問わず風通しがよくなり、技術的にも収益的にも格差はどんどん埋まっていくのだと思う。

一方で、食の安全が話題になることが多い昨今。
これについても筆者は言及している。
野菜によって、収穫の何日前まで農薬散布が可能かなどは決まっているらしいが、わずか数日前まで農薬散布が可能な作物もあるのだ。
このような理不尽な点に言及している一冊でもある。

本書の後半では最近の様子が書かれているのだけど、農家転職をした当初は頑なな姿勢を貫いていた筆者が、今では村社会にとけ込み、さらに農薬の使用もある程度は認めるなど姿勢が柔軟になっている点が面白い。

起業本というよりは、ほのぼのしたり、食について考えたり、農業の世界を垣間見たりと、脳みそへの刺激に満ちた読み物だと思う。
アントレプレナーシップ満載で読むと、デキる人じゃないと実現できないんじゃないかなぁという危惧ばかりが積もりそうだった。^^;



農で起業する!
Amazonで購入
書評/ビジネス

  • [2008/06/20 22:07]
  • 書評 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。