スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

民放キー局 5社は軒並み減益 

今更感がありますが、民放キー局の2008年3月決算は軒並み減益だったんですね。
日本国内は権利者ががっちり囲い込みに入っているイメージが強くて、2008年の時点ですべてのキー局が営業減益になっているとは思いませんでした。
(TBSは株式売却益で最終利益は稼いだらしいです)

「民放キー局、全社が営業減益 20年3月期連結決算」ビジネス‐メディアニュース:イザ!
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/media/145235


もちろんマスメディアの与える影響の大きさは無視できないとは思いますが、影響の大きさが計測しづらいという不透明さがあります。
そんな業界に切り込んできたのがWebを使った広告で、様々なプロモーション手法がその後の効果測定も含めて研究が進められています。(現在進行形)
研究の中から、Web広告に効果のありそうな手法がいくつか出現したこともあり、ナショナルスポンサーが広告費を分散投資し始めているのかなといった印象。
スポンサー側としては様々な広告手段を使うのは当たり前だと思いますし、マスメディア側も需要にあわせて収益源を多様化する必要があるのかなと感じます。
(あくまで素人考え)

↓こんなニュースも。この先数年がマスメディアの一大転換期になるのかもしれませんね。

報酬カット続出 テレビ局襲う未曾有の危機 | 産業・業界 | 投資・経済・ビジネスの東洋経済オンライン
http://www.toyokeizai.net/business/industrial_info/detail/AC/5ca60134d7651433b5c5ff3ff04d6aad/

  • [2008/07/21 22:57]
  • 雑記 |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。