スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [--/--/-- --:--]
  • スポンサー広告 |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

Webで絵画めぐり 

ヴァーチャル絵画館 西洋美術史=時代と様式解説 主題解説=ギリシャ神話・聖書の物語・文学・象徴
http://art.pro.tok2.com/


素敵なサイト。
著作権の切れている絵画を対象として、アーカイブしている。

先日、特番の組まれていたフェルメールに始まり、ゴッホといった有名どころ、さらには浮世絵まで掲載されています。
美術品に接する機会が少なく、美術史にも疎い私でも、眺めていて面白いです。
時系列に並んだ絵画を見ていると、美術史も勉強してみたいなーと思えてきます。


原寸美術館 画家の手もとに迫る
結城 昌子
小学館
売り上げランキング: 63992

  • [2008/11/11 20:16]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

オバマ氏の勝利スピーチ 

NewYorkTimeのサイトに動画と全文が掲載されていますね。
自動でテキストを追いかけてくれる作りになっていて、よい感じです。

Barack Obama's Victory Speech - Election Results 2008 - The New York Times
http://elections.nytimes.com/2008/results/president/speeches/obama-victory-speech.html

  • [2008/11/09 19:18]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

Google Suggestがパワーアップしている 

少し前の話題ですが、Google Suggestがさりげなくパワフルになってますね。
「縁の下の力持ち」といえる機能なので、さりげなくバージョンアップするあたりも素敵です。

主な機能として次の三つを抑えている模様。

  1. 系統立てた補完(Help formulate queries)
    入力している単語の組み合わせにより、後の単語を提案してくれる。
    従来からの機能だが、よりパワーアップしたということだろうか?
    探している答えが、その場で見つかっちゃうこともあって便利。

  2. スペルミスの補完(Reduce spelling errors)
    これはなかなか便利。
    スペルをミスしつつ検索クエリを入力していても、補完候補では正しいであろう単語で提案を行ってくれる。
    Google Japanの検索窓であれば、日本語で類推してくれる。

  3. キーストロークの数を覚えている(Saves keystrokes)
    過去に沢山検索された検索クエリを、より強く提案してくれる。
    自分が探そうとしているモノは、たいてい場合、他の人も探したことがあるという前提にたった提案手法。


花形プロジェクトではないため、ある意味では地味なサービスともいえるけど、こういった機能がサービスの地力になっているんだろう思わせる。
Suggestは、Googleを支える技術力の力強さを感じさせてくれるサービスだ。


参考:
Official Google Blog: At a loss for words?
http://googleblog.blogspot.com/2008/08/at-loss-for-words.html

  • [2008/10/06 16:39]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

第3回ケータイ小説大賞 

日本ケータイ小説大賞が発表されています。

第3回日本ケータイ小説大賞:あたし彼女
http://nkst.jp/vote2/novel.php?auther=20080001



初めて見たときには、「こ・・これはちょっと・・」と若干引いてしまった。
でも、大賞に輝くからには何かしら人の心を打つものがあるんだろうと思い、頑張って読み始める。
何とか2章くらいまで辿りつけると、あとはさくさく読めた。
情景を想像させるような具体的な表現はなく、比喩や倒置法といったテクニックもない。
ただ、行間を読ませるための工夫はふんだんに盛り込まれていて、話の展開は遅めに設定されている。
行間が多めに設定されていたり、口語体で行を稼ぐなど、読者の想像をかき立てるための作り込みはそこかしらに見られる。

独特の体裁を見ていて思うのは、携帯電話という媒体にマッチした作品なんだろうな、という点。
普通の文章をケータイで読もうとすると、文字が画面を一杯に埋め尽くしてしまう。
そこからくる圧迫感は気軽に読める文学とは距離がありそうだ。

文字数が少ないと、次の展開が勝手に目に飛び込んで来そうだけど、それは行間などをうまく使って回避。
スクロール操作を必要とさせることで、想像を促す。
ケータイ小説という分野ならではの、新たな形の文学作品なんだろうと思う。

ケータイ小説、あなどりがたし。
  • [2008/10/04 23:11]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

男性が女性の行動を観察すると・・・ 

なぜ?と思うことが多いようで。
というか、同意できるものも多い。w
(決して悪いと思っているわけではない。不思議なだけ。)

男性からみて「なぜ?」と思う女性の行動ランキング - goo ランキング
http://ranking.goo.ne.jp/ranking/017/mystery_action_female/

  • [2008/10/03 20:11]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

iPhone2.1 の日本語入力スピード 

驚異的な速度・・・!!パネェ!


  • [2008/09/27 09:52]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

泣ける動画を2本 

><。。






  • [2008/09/13 16:25]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

ロイター発、北京五輪の写真集 

ロイターの写真が凄い。
写真を見るだけで「ロイターっぽい」ことが分かるのは、強力なブランディングの結果だろうか。

ロイター.co.jp| ニュース速報,ビジネスニュース,国内ニュース,政治,社会
http://jp.reuters.com/news/pictures/slideshow?collectionId=2128&galleryName=All%20Collections#a=75



ネタもと。

rumblefish - 素敵すぎるロイターの写真に画面作りを学ぶ
http://q-orbit.jp/2008/08/post_316.html

  • [2008/08/22 19:12]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

堀さんと宮村くん 

読解アヘン
http://opiumhero.web.fc2.com/


久しぶりに出会った、面白いWeb漫画「堀さんと宮村くん」。
(エントランスページ後のメニュー「COMIC」からたどり着けます)

ひとまず完結しているようなので、まとめ読みできちゃう!
お盆休みで暇を持て余している方は是非!

これで足りなかったら、迷わず痴漢男!

痴漢男
http://passionate.b.ribbon.to/manga.htm

  • [2008/08/12 14:08]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

Google Street Viewその後と、LOCATION VIEW 

案の定、Google Street Viewで問題のあるポイントが多々発見されていますね。

Google マップのストリートビュー 面白スポット - Qtaro blog
http://www.qtaro.com/blog/2008/08/google.html



あと、Street Viewに似たサービスもあるんですね。
登録なしのゲストログインでも、ドライブ気分を味わえて楽しい。
自動で動いてくれると、楽しみ方もだいぶ違ってくるもんだなと思いました。

映像地図 | LOCATION VIEW (360゜ハイブリッドマップ)
https://www.locaview.com/index.aspx
  • [2008/08/09 23:28]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(1) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

Google Street View 日本版 

Google マップ - 地図検索
http://maps.google.co.jp/


公開されましたね!
現在の家、以前住んでいた寮、通勤しているビル、本社、行き来しているグループ会社・・・全部丸見えで怖!!
でも、道案内や不動産選びにはとてもよさそうだなー。

全国の都市部がカバーされると、使い勝手がだいぶ違ってくるのかも。
あと操作感も、まだちょっと使いづらい気がする。
  • [2008/08/05 09:39]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(2) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

Web図書館が便利そう 

少し前にニュースになっていたのでご存知の方も多いかもしれないが、図書館の機能がインターネット上に集約されている「Web図書館」というものがある。
今のところ、実際に運営しているのは東京都千代田区だけのようだけど、わざわざ図書館に赴くことなく、図書の予約・貸し出し・返却ができるのは凄く便利な気がする!
しかも24時間365日の利用ができちゃうなんて素敵。

Chiyoda WEB Library
http://weblibrary-chiyoda.com/main.php



図書の閲覧方法は、PCに専用アプリケーションをインストールして、その上で電子書籍を読むというスタイルを取るようだ。
このスタイルには馴染めない人も多くいそうだけど、時代の流れは電子媒体から情報を収集するスタイルに向かっているのは確か。
携帯電話などでも読めるように、対応プラットフォームを増やしていけば、これから台頭してくる若年層の教育にもよさそうだ。
(携帯電話で文章を読み書きする文化が根付いているので)

私はといえば市川在住だし、千代田区に会社があるわけでもないので、今のところWeb図書館の利用はできない。
もし自分の住む自治体でWeb図書館が始まったら、是非使ってみたいところだ。
千代田区の取り組みが成功して、全国の自治体に波及していくと嬉しいな。

Web図書館に関しては、DRM技術など技術的に面白いトピックもあるのだろうけど、個人的には教育や出版業界に与えるインパクトの方が気になる。
堅苦しい業界という印象が強いので、旧来の考えに固執するエスタブリッシュメント層が淘汰されるまでは、なかなか普及しないのかもしれない。
自分の仕事とコンテンツビジネスが近いところにあるせいか、行政が電子図書を扱うという取り組みはとても興味深い。
今後、どのような展開を見せるのか同行をチェックし続けたいところだ。
  • [2008/07/18 15:25]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(1) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

いいとも資料室 

初めて知ったのだけど、いいともの放映日にあわせて、日々資料を記録しているサイトがあるんですね。
これは貴重な資料じゃないだろうか。

iitomoshiryoushitu
http://www007.upp.so-net.ne.jp/iitomo/index.htm



自分がチェックしたい有名人がいいともに出演したときに限って、あとから知ることが多い。
そんなときにチェックできるだなんて素敵!
  • [2008/07/01 23:05]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

イギリスでインターネット広告市場がTV広告市場を上回る 

ラジオ広告、雑誌広告ときて、ついにWeb広告がTV広告市場を上回るに至ったようです。
生活スタイル等の文化が違うでしょうから、単純に日本市場と比較はできませんが、時代の流れを感じますね。
ウェブ広告が、巨大な広告ネットワークを構築することには成功したといえるのでしょう。

今後しばらくは閲覧端末とTPOあたりに特化していくのが、ウェブ広告業界の主流になるのかなと思います。
その先はどうなるのかなぁ。。。


参考:
Online ad spending to overtake TV this year - International Herald Tribune
http://www.iht.com/articles/reuters/2008/06/17/business/OUKBS-UK-BRITAIN-ADVERTISING.php

  • [2008/06/23 12:04]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

カンヌ国際広告祭 2008 のCyber部門グランプリにUNIQLOCK 

いわゆるCannes Lionsですね。
丁度先週くらいから2008年のイベントが行われていて、次々に各部門の受賞作が発表されています。
その中でも、Webを活用した広告に送られるCyber部門でUNIQLOCKがグランプリを受賞したみたいです。

Cannes Lions 2008
http://www.canneslions.com/winners/cyber/win_1_1.htm


恐るべしUNIQLO。
数年前から国際化に力を入れていて、Webで面白い仕掛けの広告を手がけているなーという印象はありましたが、世界でもトップレベルの広告だったんですね。

受賞作のUNIQLOCKはここです。
http://www.uniqlo.jp/uniqlock/


日本からの他作品では金賞にAXE、Sony Walkmanが入っていますね。

AXE LASERの受賞ページ
http://www.canneslions.com/winners/cyber/win_2_1_01136.htm


AXE LASER
http://axelaser.com/



Sony REC YOUの受賞ページ
http://www.canneslions.com/winners/cyber/win_2_1_02379.htm


公式ページはキャンペーン終了していました。(残しておけばいいのに!)



Webサイトをワンストップの収益源としてとらえず、包括的な視点を持つためにも、世界的にも認められているWeb活用術は知っておいたほうがいいでしょうね。
つい先日の社内ビジネスの説明を聞いていて、なおさらそう思った。
(その本人達はこのあたりの情勢を把握しているのだろうか・・・^^;)
  • [2008/06/22 02:26]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

Firefox 3で使っているアドオンの棚卸し 


  • Tab Mix Plus
    常に使うことになるタブ機能を強化してくれる。
    違和感なく使いこなせると、ストレスフリーなウェブブラウジングが実現できますね。

  • Greasemonkey
    Autopagrizeの虜なので離れられないアドオン。

  • FireGestures
    マウスジェスチャが便利すぎるので。
    all in one gesturesから乗り換えました。

  • QuickDrag
    文字列を選択して即検索!という流れは、想像以上に便利。オススメです。
    設定は全部のチェックボックスをONにしています。
    drag de goから乗り換えました。

  • FireDictionary
    英語のサイトを閲覧する際に、強い味方になってくれる、単語和訳アドオン。

  • Better Gmail
    Gmailを素敵な感じに。
    どこからがアドオンの機能なのか分からなくなっている。w

  • ScrapBook
    Webサイトをローカル環境に保存してくれる。
    リンクを、ローカル環境に合わせて設定してくれるのが素敵かな。

  • Make Link
    Webページからメモ用のリンクを作ったり、FYI情報を作ったり、ブログ用の参考リンクを作ったり。

  • Pearl Crescent Page Saver Basic
    Webページのキャプチャ画像を作れる。

  • CSSViewer
    開発用。ページ内の各要素のCSS情報を見る。
    カーソルで閲覧したい要素を選べるので手軽。

  • Firebug
    開発用。必須ですね。

  • IE View Lite
    開発用。IEでの見えを確認したい場合に使う。

  • Live HTTP headers
    開発用。HTTPのやりとりを見る。

  • Modify Headers
    開発用。HTTPリクエストの中身を書き換えたり。

  • RestTest
    開発用。名前の通りRESTのテストが可能です。

  • User Agent Switcher
    開発用。User Agentを切り替えます。

  • Web Developer
    開発用。JavaScriptのON/OFFに始まり、いろいろな機能やデザインを調整できます。

  • Google Earth Plugin
    WebブラウザからGoogle Earthを使う場合に必要なアドオン。
    Google Earth API - Google Code

  • PicLens
    画像検索の結果が素敵な世界に!


  • Nightly Tester Tools
    互換性の無いアドオンを動かすために。
    Firefox3がリリースばかりなので、未対応のアドオンもいくつかあります。
    私は以下二つのアドオンを動かすために。

  • SwitchProxy Tool
    プロキシサーバ切り替え用。

  • XUL/Migemo
    ページ内検索が強力になる。
    "/"を押下して、かな変換を気にすることなく、すぐに日本語を検索しはじめられる。
    (例えば“変換”という文字を検索する場合に、“kensaku”と入力して検索ができる)
    もちろんインクリメンタルサーチ。



  • [2008/06/19 00:05]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

Firefox 3 正式リリース 

されましたね!
Firefox 2に比べると、無茶苦茶早くなっているので乗り換えがオススメです!

正式リリースにあわせて、日本時間で19日の午前3時くらいまで、Download Dayというイベントもやっています。
一日のダウンロード数でギネスに挑戦らしいです。
折角なので、この際にぜひ参加してみましょう。

Spread Firefox | Download Day 2008
http://www.spreadfirefox.com/ja/worldrecord/

  • [2008/06/18 13:23]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学卒業式での講演 

文章を書き溜めていないので、再びオススメ動画ネタ。

これは見ている人も多そうだけど、スタンフォード大学の2005年卒業式におけるスティーブ・ジョブズの祝辞。
これから社会に羽ばたく人たちへの手向けとして、とても素晴らしいスピーチだと思う。

現在はアップル社のCEOとして華々しく活躍するジョブズだけど、波乱に満ちた人生を歩んでおり、スピーチの中でもその一端を明かしている。
英語の勉強にもなるし、一石二鳥です。






スティーブ・ジョブズの流儀
リーアンダー ケイニー
ランダムハウス講談社
売り上げランキング: 13867

  • [2008/06/16 20:59]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

ランディ・パウシュの最終講義 

ようやく見ました。
有名な講義や講演の動画が、邦訳されて公開されるなんて良い時代ですね。

ランディ・パウシュ教授はカーネギーメロン大学の終身教授。
その体は癌に冒されており、余命数ヶ月と宣告されている状態で、「最終講義」と銘打っての講話です。
テーマは夢を実現するための生き方、でしょうか。
講義を通じて説かれる考え方は非常に参考になります。

パウシュ教授はVR界の重鎮で、ディズニーの映像アトラクションが出始めのころに大きな貢献をしていたようです。
内に秘めるバイタリティや明るい思考回路が、びりびりと伝わってきます。
プレゼンも非常に巧くて、ある意味エンターテイメント作品といってもよいのではないでしょうか。

参考:
Randy Pausch - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Randy_Pausch



YouTube - ランディ・パウシュの「最後の授業」1


YouTube - ランディ・パウシュの「最後の授業」2
http://jp.youtube.com/watch?v=yw_PKpaJbT0


YouTube - ランディ・パウシュの「最後の授業」3
http://jp.youtube.com/watch?v=yFm0A3ETzZY


YouTube - ランディ・パウシュの「最後の授業」4
http://jp.youtube.com/watch?v=vnb8bCTDgN0


YouTube - ランディ・パウシュの「最後の授業」5
http://jp.youtube.com/watch?v=tQYf_qQ278A


YouTube - ランディ・パウシュの「最後の授業」6
http://jp.youtube.com/watch?v=7TSsukdhLYk


YouTube - ランディ・パウシュの「最後の授業」7
http://jp.youtube.com/watch?v=p95JE8y1MWQ


YouTube - ランディ・パウシュの「最後の授業」8
http://jp.youtube.com/watch?v=Us45xi9nn2A


YouTube - ランディ・パウシュの「最後の授業」9
http://jp.youtube.com/watch?v=dzc8MWbrNlc


  • [2008/06/15 21:51]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

PicLensすごい! 

PicLensというプラグインがある。

PicLens
http://www.piclens.com/


画像や動画といったメディアファイルを一覧するためのソフトウェアなんだけど、操作の気持ちよさがとにかく凄い!
動画の中のさくさくインタフェースが実際に利用できちゃうのだ。

Media RSSに対応したサイトなら利用可能で、現状だとGoogleやYahoo!、Gooの画像検索、Flickrなどのサイトで使える。
活字とは違って、静的なWebページでは画像の一覧性には難があるけど、PicLensは画像ビューアのインタフェースに一石を投じるのではないだろうか。

Webには様々なメディアが溢れているけど、検索行動を一番とっているのはニコニコ動画かな。
ニコニコ動画もMedia RSSを検索結果として返してくれると嬉しいのだけど!




  • [2008/06/09 18:14]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

ちょっぴり感動したお話 

Webの世界は、個をエンパワーするというけど、これだけの例はなかなか見られないだろう。

Garbage Collection(2008-05-23)
http://www.lizard-tail.com/isana/diary/?date=20080523


宇宙に思いを馳せ続けた人、Google APIが縁でなんとNASAから招待される - 平々毎々@アクセスブログ
http://d.hatena.ne.jp/matarillo/20080523/p1



個にとって、今のWebは経済圏への導線という部分が強いかもしれない。
近い将来、Web上だけでも大きな経済圏ができあがりそう。
(現実の経済圏と比較すると、Webの経済はまだまだ規模が小さい)

ITは、いま:「ニコニコ動画で、出口が見付かった」 絵描き兼開発者・24歳 (1/2) - ITmedia News
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0805/23/news051.html


  • [2008/05/26 16:55]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

Sony Talk 

Sony Japan|Sony Talk(ソニートーク)
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/sonytalk/


Sonyに勤める人たちの中から大きな貢献をした人にインタビューをしていくというコンテンツ。
ブランディング戦略やPRとしてとても良さそうだ。

大手企業の中には優秀な人材が沢山埋もれているというのは、よく聞く話。
このようなコンテンツを通して、優秀な人たちや社内制度などをアピールして、風通しのよい企業体質へ変化できるかもしれない。
大きな企業になると他の部署のことがほとんど分からない、なんてことになりがちなので、勤める社員たちにとってもアピールできる部分が多そうだ。


  • [2008/05/03 15:39]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

AddClipsとHatena Starの機能を追加しました  

ソーシャルメディアに乗っかろうということで、次の機能を追加しました。

  • AddClips(http://www.addclips.org/)
    ソーシャルブックマークへの追加機能を提供してくれる。
    横断利用ができ、閲覧者の利用しているブックマークサービスを問わないところが魅力。

  • Hatena Star(http://s.hatena.ne.jp/)
    はてな謹製の拍手機能(?)。
    ワンクリックでAuthorのモチベーションを上げることができる、優れたサービスだと思う。
    (押されるかどうかは別として)


なお、それぞれ記事の直下と、タイトル右側のアイコンから利用できます。
  • [2008/04/16 18:03]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

Google Skyで宇宙を眺めよう 

昨日の宇宙本ネタに続いて、宇宙ネタを。
GoogleMapsの地図インタフェースを使って、宇宙のあちこちを見て回ることのできるサービスが始まった。

その名もGoogle Sky。
http://www.google.com/intl/ja/sky/

宇宙の美しい星々や銀河団を巡ることができる。
とっても神秘的でステキ。


あわせて、月をうろうろできるGoogle Moonと、火星を探検できるGoogle Marsもどうぞ!

Google Moon
http://www.google.com/moon/


Google Mars
http://www.google.com/mars/

  • [2008/04/03 23:50]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

GoogleがTVCMにも進出 

GoogleがTMのスポット広告枠への出稿サービスを始めようとしている。
今のところ選ばれた広告主だけに提供する模様。

通常のTVCMでは効果測定が難しいが、AdWordsを利用すると細やかな効果測定ができるそうで、利点をちゃんと用意している。
インターネットと連動することで、インプレッションやCMを見ている長さを計測できるといった細やかな効果測定を実現、さらに配信のスケジューリングなどもできるようだ。

TVCMは広告枠が高額なため、ターゲットは大手の広告主になるかもしれないが、リーチするメディアをどんどん増やしているのは恐ろしい。
リーチを増やす一連の動きは、広告費用のグレイな部分をクリアにするという意味で、広告業界に対して大きな打撃を与えるかもしれない。

広告主とメディアとの間で広告の橋渡しを行う広告代理店が、中間マージンを持っていくのが現在の主な広告モデル。
そして広告主が代理店に支払っている金額の妥当性は不透明。
Google AdWordsとAdSenseプログラムは、この辺りのもやもやを解消する働きも持ち合わせていたおかげで、広告のキラーソリューションとして広く普及した。
TV業界も巻き込むことで、さらにその威力を高めそうだ。


近い将来、代理店の成す役割のほとんどは、企画と制作がメインになると思う。
(すでにそうかもしれないけど)
いかにして広告自体に付加価値を盛り込めるかが勝負。

これからの時代、誰でもできることはオフショアやアウトソースで賄えてしまう。
広告出稿は誰でもできることになるだろうから、独特のセンスを持ったオリジナリティ溢れる人材がとても貴重になるはずだ。

Googleがリーチするメディアを増やしているのは、フラット化がどんどん進んでいる証拠でもあって、強い影響を受けるであろう広告業界の動きはとても興味深い。


参考:
Google Brings TV Advertising to Adwords - MarketingVOX
http://www.marketingvox.com/archives/2008/03/07/google-brings-tv-advertising-to-adwords/


heavy monologue | [読書]フラット化する世界
http://heavyfeather.blog38.fc2.com/blog-entry-854.html



フラット化する世界 [増補改訂版] (上)
トーマス フリードマン 伏見 威蕃
日本経済新聞出版社 (2008/01/19)
売り上げランキング: 1260

  • [2008/03/12 17:25]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

ドッキリ企画集団 Improv Everywhere 

街中で急にドッキリ企画を発動する集団がいます。
その名は、Improv Everywhere。
直訳だと、あらゆる場所を活用する、ですね。

Improv Everywhere
http://improveverywhere.com/



自分が知っている有名な動画は、NYのグランドセントラル駅で約200人が止まる動画。
周りにいる人たちが次々と彫像のようになっていきます。
最後には拍手喝采とか、よくわからない盛り上がり。w
すでに700万回近く見られているそうですね。
Frozen Grand Central at Improv Everywhere
http://improveverywhere.com/2008/01/31/frozen-grand-central/



あとはスタバにデスクトップPCを持ち込んで遊びだす人たちとか。
モバイルすぎます。w
Mobile Desktop at Improv Everywhere
http://improveverywhere.com/2008/02/25/mobile-desktop/



賛同者も多いらしく、世界各地にメンバーが散らばっています。
それぞれの国の文化があるので、大事にならない程度にがんばって欲しいものです。

賛同者がいるといえば、こないだ渋谷でFree Hugsの人たちを見かけた。
自分には理解できない活動なので、遠慮しておいたけど!


参考:
YouTubeの専門チャンネル
http://jp.youtube.com/ImprovEverywhere


  • [2008/03/04 08:40]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

Google Adsense for video 

Googleのビデオ広告が稼動を始めるようです。

↓ここでオーバーレイのデモが見られます。
Google Video Advertising Solutions
http://www.google.com/ads/videoadsolutions/demos.html#



オーバーレイに関して書くと、動画表示領域の20%に広告を表示する。
一定時間が経つとにょきっと表示される。
表示された広告は×印で閉じることができると。

まだベータ版なので制約は多いみたいだけど、ビデオ広告のスタンダードになる可能性は大いにありますね。
ただ、動画は表現豊かなので、広告露出の方法は沢山ありそう。
ユニークな表現手法がどんどん出てくると面白いのだけど。
  • [2008/02/28 18:17]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

最近よく使う翻訳ツール「POP辞書」と「Google Translate」 

一応、研究職という身分なので英語を読む機会はそれなりにあります。
で、最近になって使い始めたサービスをご紹介。
全部無料です。

まず一つ目は、チャット気分で翻訳をしてくれるサービス。
翻訳BOTですね。

これはすごい!Googleチャットでリアルタイムに翻訳しながら会話できるように | Google Mania - グーグルの便利な使い方
http://google-mania.net/archives/841


チャットをインタフェースとして使う点は、なかなか新鮮。
Google Talkのヘビーユーザには嬉しいかもしれない。
自分はIM使わないので、正直あんまり利用する機会はないのだけど。w
Gmail開いているときにちょっとした翻訳がしたいときにだけ使います。


二つ目はPOP辞書。

POP | 辞書
http://www.popjisyo.com/WebHint/Portal.aspx


上段メニューにあるツールバー辞書が、要するにBookmarkletの辞書になっているので、Bookmarkに登録して利用中。
英語のサイトを表示して、Bookmarkletを動作させると、全単語に対して和訳がポップアップされる状態で表示してくれます。
なかなか便利。


最近は、Webサイトの翻訳ツールは充実してきていますね。
紙の資料などのアナログ媒体は、相変わらずgoo辞書などで地味に調べています。
何かいいテクニックがあったら教えてください。><
  • [2008/02/12 08:50]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

ヨドバシカメラの公衆無線LANサービスは月380円 

WIRELESS GATE
http://www.tripletgate.com/yodobashi/


これ始まっていると思うのだけど、使用感を書いている人があまりいない気がするな。
価格は月額380円とお安いから、外出が多い人には便利だと思う。

個人的には無線LANを使えるモバイル機器を持ち歩いていないので不要なんだけど、何かの拍子にiPod touchが手に入ったら契約しちゃいそう。
高いから自分では買わないけど、Mac Book AirEee PCあたりでもいいなー。

何かの拍子で当たったりしないかな~。w


参考:
ヨドバシカメラ、公衆無線LANサービスを業界最安値の月額380円で開始 - GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20071220_yodobashi_wifi/
  • [2008/02/01 08:57]
  • Web |
  • トラックバック(2) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

ソフトバンクの学割ホワイトと、勝手サイトフィルタリング政策 

未成年の携帯利用に関し、コミュニティ機能のあるモバイル勝手サイトを原則フィルタリングしましょう、という動きがある。

総務省(報道資料)
http://www.soumu.go.jp/s-news/2006/061120_1.html



で、つい先日、ソフトバンクの学割ホワイト発表。

プレスリリース2007年度 | ソフトバンクモバイル株式会社
http://www.softbankmobile.co.jp/corporate/news/press/2007/20080121_02/



学割ホワイトって、ヘビーユースしなければ、かなり安価なので学生に普及する可能性はある。
今は親御さん名義での契約もそれなりに多いと思うのだけど、それらが学生自身の名義になってフィルタリング該当端末になると。
総務省の方針に単純に従うと、若年層向けモバイル勝手サイトは淘汰の方向に向かうかもしれない。
(二回線目の携帯電話、という手段に落ち着きそうな気がするけど)

運営者の受ける痛手は深刻になるかもなぁ。
現に、総務省の方針発表があってから、DeNAは1,500億円の株式価値損失を出している。

MarkeZine:◎モバゲーを運営するDeNAの時価総額は1500億円毀損、携帯フィルタリング導入政策の大きすぎる波紋
http://markezine.jp/a/article/aid/2517.aspx



モバイルの世界って、政策やキャリアの影響をもろに受ける上、国内に関しては囲い込みの力が非常に強いので、他国から見れば異常ともいえる状態。
日本国内ってどうしてこうも縛りたがるのかな。
リテラシ教育をするのが先だろうと思うのだけど、そうもいかないらしい。
(たぶん、時間がかかるから)

最近著作権周りの動きも活発なので、そのうち言論統制→違憲!の流れで訴訟が起きそうな予感もする。
  • [2008/01/28 08:53]
  • Web |
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。